競馬番組表・鉄の掟(変化を読む競馬予想)
毎年変化を起こす競馬番組表を分析する事により勝ち馬がどのように選択されているかを見極める競馬予想。
競馬番組表・・・鉄の掟(有料版)

有料ブログ行っております。 現在は4週間に付き5000円です。 週4~5回ほど更新します。 競馬番組表・・・鉄の掟(有料版) http://racingrule.blog.fc2.com/ 興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。



リンク

メルマガ登録・解除
競馬番組表に浮かび上がるその1頭を狙い打て!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ



カテゴリー



カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



FC2カウンター



ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



最近の記事



月別アーカイブ



Amazonでお買い物 こちらから



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
1452位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
695位
アクセスランキングを見る>>



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山記念2015年
フェブラリーステークスでは◎コパノリッキーが1着。

2月は毎週のグレードレースで何らかの結果が出た事。

3月はアーリントンカップから。

◎アルマワイオリからネオスターダム等4点を狙ったのだが・・・枠連(4580円)どまり。

本日の中山記念はGⅠ馬が3頭出走して来る。

◎イスラボニータから。

1点だけ購入してみるが果たして・・・

なかなか調子を維持することは難しいが一度乗り始めると好結果が出やすい。

というのは横の流れを重視するので今、何が行われているのかが判別できればあとはそれに乗るだけ。




2月24日より3月30日までの5週間の会員を募集します。

2月はここまでグレードレース毎週的中。

興味のある方は・・・

少しでも役に立てる情報を発信していきたいと思っていますのでよろしくお願いします。

  racingrule●hotmail.co.jp  

●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。



スポンサーサイト

フェブラリーステークスはコパノリッキーから!!
フェブラリーステークスは◎コパノリッキーの連覇に期待。

凱旋門賞あたりから海外のGⅠレースの馬券を発売するのか?

最後を締めるのではないか。

初めての古馬GⅠ連覇は有馬記念のシンボリルドルフ。

12月23日 1着
12月22日 1着

そして・・・

2月23日 1着
2月22日 1着

2月24日より3月30日までの5週間の会員を募集します。

2月はここまでグレードレース毎週的中。

興味のある方は・・・

少しでも役に立てる情報を発信していきたいと思っていますのでよろしくお願いします。

  racingrule●hotmail.co.jp  

●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。
18頭立てによる2歳戦と3歳戦のつながり
本年度の変更事項で冬季のフルゲート数が変わった事は最重要事項。

それは朝日杯FSが阪神に移行し18頭立てに変更になったり、ラジオNIKKEI杯2歳Sが中山に移行しホープフルSとなり18頭立てに変更になった事に由来しているのだと推理している。

それにより2歳戦と3歳戦がつながって来る。

GⅠ朝日杯FS 18頭立て
GⅠ皐月賞   18頭立て
GⅠダービー  18頭立て
GⅠ菊花賞   18頭立て

GⅡホープフルS 18頭立て
GⅡ弥生賞     18頭立て
GⅠ皐月賞    18頭立て

これに対して今週施行される共同通信杯やスプリングステークスなどはフルゲート16頭立てのまま。

どちらの勢力がクラシックを席巻するのだろうか?

いよいよそのシーズンになります。



2月はフェブラリーステークスの結果までとなります。

興味のある方は・・・

少しでも役に立てる情報を発信していきたいと思っていますのでよろしくお願いします。

  racingrule●hotmail.co.jp  

●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。
東京新聞杯2015年
2014年は積雪のため翌週の月曜日に施行されたレース。

しかも取り消し馬が2頭も出た。

収得賞金の分析から入る。

マイネルホウオウが20ヶ月ぶりに出走してくるのだが・・・

なぜこのレースなのだろうか?

東京新聞杯の賞金別定は3000万の基礎収得賞金で2000万毎1キロ増。

マイネルホウオウは4歳の春時点で6450万の収得賞金を持っていた。

しかし4歳の夏には半減になる制度でこのレースの条件と合わせて考えてみると・・・

4歳出走 56キロ+1キロ=57キロ
5歳出走 56キロ(基礎賞金充足)

という事になる。

つまり昨年もし出走していればプラス1キロで本年はそこから1キロ減で出走できている。

同枠のタガノグランパは昨年は3歳であるから出走できなかった馬でありマイネルホウオウの戦歴を邪魔しない。

◎タガノグランパ から入って見たい。

相手はフルーキーとエキストラエンド、シャイニープリンス、ヴァンセンヌ、マイネルメリエンダあたりへ。




菊花賞へ向けて
府中牝馬ステークスは馬連3点で的中!  1380円 

1着馬と2着馬が反対になってしまったのは反省。


秋華賞はヌーボレコルトを2着軸として臨んだが・・・直前で除外馬が発生。

除外や取り消しは1着馬変更の合図。

まぁ仕方ない。

2013年と2014年をまとめ上げる作業を行っている最中で・・・

2013年 桜花賞  1同 (外)
2014年 皐月賞  3着同枠 (外)
2014年 オークス ぞろ目で不発
2013年 ダービー 3着(外)
2013年 菊花賞  3着(外)

当然ここでは(外)馬であるディルガの同枠馬が牝馬戦では1着枠を担うはずであったのだが・・・

除外により(外)ディルガと逆枠同枠となったショウナンパンドラが覇者席に。

レッドリヴェールは(外)馬とはぐれてしまい6着敗退。

除外や取り消しが出ても出なくても同じ予想であるならば番組表と取り組む意味は無い。

直前除外馬の出たレースでなぜ3番人気の馬を挙げられないんだ・・・と言われても・・・別のレースに変貌したのだからとしか言いようが無い。

そんなことがわからない人は普通に予想すれば良い。

番組表の甘い蜜は自分の頭で思考する人のところへやって来る。

午後には菊花賞の枠が発表になる予定。

ダービー馬ワンアンドオンリーの着順を特定したい。


毎日王冠から天皇賞秋までの会員募集中!!
有料ブログ行っております。 現在は4週間に付き5000円です。
週4~5回ほど更新します。

競馬番組表・・・鉄の掟(有料版)

http://racingrule.blog.fc2.com/

興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp  
●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。
新設重賞 いちょうステークス
今年から、いちょうステークスは新設重賞となった。

他にラジオNIKKEI杯京都2歳Sが施行されるがこちらはGⅢで行われる。

説明によるといちょうステークスは1800Mから1600Mへと距離が変更されたので新設重賞でありラジオNIKKEI杯京都2歳Sは同じ距離で施行されるためGⅢ・・・ということ。

しかし 、いちょうステークスは2011年までは1600Mで行われていたわけでなぜ本年1800Mから1600Mへわざわざ変更して新設重賞にしなくてはならないのか?・・・という観点が抜けている。

その部分を考える事が競馬番組表を読む・推理するという事。

とにかく主催者はGⅢでは無く新設重賞として行いたいのだ。

アルテミスステークスが新設重賞として行われたのは2012年。

2013年は重賞。

そして2014年はGⅢへ格付け。

その3年に起こった出来事はまた繰り返されるのかもしれない。

いちょうステークスがGⅢ格付けされる2016年にはGⅠホープフルステークスが開催されているのではなかろうか?

話は飛んでしまったが、いちょうステークスはアルテミスステークスと同じく新設重賞で施行される。

GⅢではないくせにオープン競争よりも高い賞金が設定されている。

そこをどのように表現してくるのか?

詳しくは・・・


毎日王冠から天皇賞秋までの会員募集中!!
有料ブログ行っております。 現在は4週間に付き5000円です。
週4~5回ほど更新します。

競馬番組表・・・鉄の掟(有料版)

http://racingrule.blog.fc2.com/

興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp  
●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。

朝日杯セントライト記念 2014年
本年よりセントライト記念は朝日杯セントライト記念に変更された。

なぜ今年の新潟開催で新しいレースに仕立て上げたのだろうか?

そもそもなぜ朝日杯という名前をセントライト記念にくっ付けたのか?

それはあの年度を模範にしているからであろう。

であるならば今年の朝日杯セントライト記念の勝ち馬は○○○○○○であって菊花賞では・・・

今のところの推理を有料版に書き記しておきたい。


競馬番組表・・・鉄の掟(有料版)

上記の有料ブログを行っております。 現在は4週間に付き5000円です。 主にメインのグレードレースについて見解を行います。週4~5回ほど更新します。

競馬番組表・・・鉄の掟(有料版) http://racingrule.blog.fc2.com/  

興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。

セントウルステークス 2014年 番組表予想
スプリンターズステークスのステップレースとしてキーンランドカップとセントウルステークスの1着馬は優先出走できるようになった。

そしてキーンランドカップは賞金別定戦からグレード別定戦へと規定が変更になっている。

ただしその規定はGⅢ1着歴を含むか含まないかで違いを設けている。

解りやすくいえばキーンランドカップはGⅢ戦1着馬までを規定の中に入れるがセントウルステークスではGⅡ以上をその範疇としている。

規定の範疇にいる馬はエピセアロームとダッシャーゴーゴー、ハクサンムーン。

さて・・・
セントウルステークス 2014年
セントウルステークスは優先出走権を付与するレースに生まれ変わった。

そしてこれはこのレースだけでなくステップレースを有する古馬のGⅠすべてで変更されている。

しかしながらセントウルステークスを勝ちあがり優先出走権を取得してもその先に待つのが代替新潟スプリンターズステークスということになる。

今年の1着馬には仕事があるのかどうか?

2002年の新潟スプリンターズステークスではセントウルステークス1着のビリーヴが勝ってはいるが・・・

果たして同じことが起きるのか?

そういう状況のセントウルステークスを勝つ馬とは・・・
小倉記念2014年
台風11号の影響で前日発売の無くなった小倉記念。

このレースにもJRA60周年記念というタイトルが付いている。

すでに終了したJRA60周年記念。

皐月賞
宝塚記念
七夕賞
函館記念

七夕賞と函館記念では同じ戦歴の馬が使われたが小倉記念ではどうだろうか?

また小倉記念では初めてJRA60周年記念七夕賞の1・2着馬が出走する。

この辺りもしっかり見極めたいところ。

本日と明日の競馬が無事に行われることを祈っています。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。