競馬番組表・鉄の掟(変化を読む競馬予想)
毎年変化を起こす競馬番組表を分析する事により勝ち馬がどのように選択されているかを見極める競馬予想。
競馬番組表・・・鉄の掟(有料版)

有料ブログ行っております。 現在は4週間に付き5000円です。 週4~5回ほど更新します。 競馬番組表・・・鉄の掟(有料版) http://racingrule.blog.fc2.com/ 興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。



リンク

メルマガ登録・解除
競馬番組表に浮かび上がるその1頭を狙い打て!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ



カテゴリー



カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



FC2カウンター



ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



最近の記事



月別アーカイブ



Amazonでお買い物 こちらから



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
1467位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
641位
アクセスランキングを見る>>



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京新聞杯2009 パート2
昨年のローレルゲレイロは中央開催競馬場(東京・中山・阪神・京都)の1600M2・3歳限定戦の賞金を集めてプラス1キロになり東京新聞杯を勝つ。

結構4歳馬にはハードルが高そう・・・

そして、今年の4歳馬で1600M重賞で賞金を稼ぎ増量された馬はいない。

5歳以上の馬たちは・・・1年間でGⅢ1600Mの牡牝混合戦で覇者になった馬をすべて集めた。

勝ち馬はこちら側から出ることを期待。

2006年に東京新聞杯は2日目→1日目となったのだが・・・2005年は・・・

京都金杯1日目→東京新聞杯2日目

そして今年は・・・

京都金杯2日目→東京新聞杯1日目

偶数が奇数に、奇数が偶数に変化している。

2005年の勝ち馬はハットトリック(京都金杯覇者)

さてタマモサポート(マルカシェンク)はどちらが?
スポンサーサイト

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

東京新聞杯2009年
競馬番組表を眺めると2006年に2日目から1日目に変更。

2007年から現在の斤量規定に変更。

アローワンスの関係で1月と2月に行われるのでは4歳馬の斤量が変化する。

2007年と2009年は4歳馬が55Kであり、2008年は56Kで5歳馬と同じ斤量となる。

2007年は牡5のスズカフェニックスが勝っているが取り消し戦。

2008年は牡4のローレルゲレイロ。この馬の戦歴はまことにすばらしい。

キーランドC 基礎賞金3000万 4000万毎1キロ増
富士S    GⅠ3キロ増 GⅡ2キロ増 GⅢⅠキロ増
東京新聞杯 基礎斤量3000万 2000万毎1キロ増

キーンランドCで負けて富士Sで負ける。そして増量規定で1キロ増となった東京新聞杯を勝つ。

見事に2007年からGⅢ(JpnⅢ)の別定条件が変わったことを表現した馬であった。

今のところ4歳馬で増量馬はスマイルジャックだけでしょうか・・・

増量されてやっと5歳馬と同等ですね。

そうやって考えると・・・・・

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

AJCC2009結果
昨年のAJCCは【JRAプレミアム中山金杯】を受け入れた。

2009年は【JRA有プレミアム馬記念】を受け入れるはず・・・

と想定し考えていった。

2008年中山金杯
1着 アドマイヤフジ(グラスボンバー)→不出走
2着 エアシェイディ(トウショウヴォイス)→AJCC1着
3着 メイショウレガーロ(トウショウナイト)→AJCC1同・AJCC2着

つまり中山金杯の2着馬が1着へ。
3着同枠馬が2着へ。

2008年有馬記念
1番目枠 ダイワスカーレット(アドマイヤモナーク)→不出走
2番目枠 エアシェイディ(フォローテーション)→AJCC2着
3番目枠 ドリームジャーニー(アサクサキングス)→AJCC8着

有馬記念はぞろ目であったのでエアシェイディが2番目にゴールした枠にいた馬と見ると・・・

エアシェイディの枠とドリームジャーニーとの枠での決着?

しかしながら2頭での決着はないとすればドリームジャーニーとトウショウシロッコではないかと。

Jpn→Gの2レースからも増量馬が同枠位置馬を連対としてを指名していた。

結果が出てから2008年のAJCCを見直すと・・・

実はトウショウナイトは金杯の3着馬であるメイショウレガーロの対角に位置した馬であった。

ネヴァブションはドリームジャーニーの対角に位置している。

そして、2008年のトウショウナイトと2009年のドリームジャーニーは⑪番を背負っていた・・・

もっと読めるようになりたい・・・

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

AJCC予想2009 競馬番組表からの狙い
AJCCの変更点を番組表から探ると、JpnⅡ→GⅡ・それに伴う[外]馬の出走頭数の増加が挙げられる。

横の流れからは、フェアリーS→京成杯→AJCC と3レースが連続でJpn→Gとなる。

ここにひとつの鍵がある。

縦の流れからは当然のことながら有馬記念組に注目であろう。

なぜならば2008年には【JRAプレミアム中山金杯】組のワンツーであったのだから。

プレミアム初年度の中山金杯がAJCCに影響を与えたのならば2009年はプレミアム初年度の有馬記念がAJCCに影響を与えても不思議ではないだろう。

しかし有馬記念組はどれも人気だろうな(笑)

その中で私が注目している馬は・・・あの馬なのだが・・・

思い通りの馬が激走してくれれば残りのJpnⅡ→GⅡへの目黒記念やアルゼンチン共和国杯・ステイヤーズSも楽しめるのですが・・・

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

京成杯予想2009
京成杯も先行戦シンザン記念と同じくJpnⅢ→GⅢへの変化。

⑪番に(地)馬を入れてきたのは同じことをするのか?

シンザン記念では500万勝ち馬とJpn連対馬を排除し、京成杯ではオープン勝ち馬を排除しJpnⅢ覇者を出走させてきた。

この部分では反転させている。

JpnⅢの覇者をGⅢでは受け入れるのか否か・・・

フェアリーSではJpnⅢファンタジーS勝ち馬である(地)イナズマアマリリスは連対できなかったが対角の馬が2着。

イナズマアマリリスは(地)であるためにメイクデビューを勝っていない点がナカヤマフェスタと決定的に違う。

京成杯が2000Mに距離変更をした後、増量馬が出てくるのは2003年以来。

その年には増量馬が3頭出走していたのだが、2着に連対したテイエムリキサンは札幌2歳S2着馬であり、同枠のブルーイレヴンは東京スポーツ杯勝ち歴があった。

もう一頭の増量馬コスモインペリアルはオープン勝ちはあったが、G賞金を加算できなかった馬だ。

つまりGで賞金加算し増量馬となった2頭はひとつの枠に収まったことになる。

今年はナカヤマフェスタのみがJpn賞金加算での増量馬だ。単枠になったことは歓迎するべきではないだろうか?

ブルーイレヴン 中山(翌年東京) 東京スポーツ杯2歳S勝ち
ナカヤマフェスタ JpnⅢ(翌年G) 東京スポーツ杯2歳S勝ち

⑫番に配されたブルーイレヴンに対し、大外から⑫番に配されたナカヤマフェスタ。

ぞろ目系中心に狙いたい。

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

フェアリーS2009
秋番組から春番組に移動したフェアリーS。

2008年は番組表に載らず 2007年秋→2009年春 に施行される。

フェアリーSに与えられた変更点は多くあるのだが、そのうち2点を取り出してみる。

施行日の移動と賞金額のアップ・・・

世代限定戦に注目すると該当レースは・・・朝日杯FS。

勝馬はセイウンワンダー。

秋番組には出走はなく、1600Mの未勝利と1600Mの新潟2歳Sを連勝(連続連対)してきた馬。そして1600M戦のみの出走歴。

該当馬はマイティースルー・エリザベスムーン・パールシャドウ。

未勝利勝ちがいいのかメイクデビューがいいのか・・・

Jpnに対してGは[外]馬が出走できうるレース。

JpnⅠではメイクデビューは否定された。

であったらGⅢではメイクデビューを使うのではないか?

新馬戦をメイクデビューと読み替えたのは当然外国の馬(人)に理解できうるようにしたわけでJpnで仕事がなく、Gで役割があるはず。

パールシャドウに期待してみる。

フェアリーSは最後のパズルの1ピース。ここを無事通過し桜花賞でも・・・

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

中山金杯2009
皆様、あけましておめでとうございます。

今年初レースは中山金杯。

京都金杯と開催が別になり、しかも1月4日に行われる・・・

私が思うところを。

金杯というレースは東西に2つ。

競馬番組表を眺めて見るとそのような競走は天皇賞春・秋。

そしてジャパンカップとジャパンカップダート・・・

どちらに強く影響されるのか?

ジャパンカップとジャパンカップダートは長い間東京(中山)の土日開催であった。(ゴールデンジュベリーの際は当日開催)

しかし2008年ついにジャパンカップとダートは東京と阪神に別れたのだ。

中山と京都で行われる金杯と東京と阪神で行われるジャパンカップ。

そこに2009年の金杯をひも解く鍵があるのではないか?

東京2400Mのダービーの覇者を3頭そろえたジャパンカップに対し、中山金杯の覇者3頭を用意してきた中山金杯。

もうひとつの鍵は?

今年の開催を見て何かを感じないだろうか?

有馬記念が12月28日の日曜日。

そして中山金杯が1月4日の日曜日。

2008年と2009年は開催が途切れていないのである。

そのような年に12日開催(札幌)が用意された・・・

まあ、少し横にそれたが早速ジャパンカップの馬柱を見つめなおしたい。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。