競馬番組表・鉄の掟(変化を読む競馬予想)
毎年変化を起こす競馬番組表を分析する事により勝ち馬がどのように選択されているかを見極める競馬予想。
競馬番組表・・・鉄の掟(有料版)

有料ブログ行っております。 現在は4週間に付き5000円です。 週4~5回ほど更新します。 競馬番組表・・・鉄の掟(有料版) http://racingrule.blog.fc2.com/ 興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。



リンク

メルマガ登録・解除
競馬番組表に浮かび上がるその1頭を狙い打て!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ



カテゴリー



カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -



FC2カウンター



ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



最近の記事



月別アーカイブ



Amazonでお買い物 こちらから



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
1053位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
489位
アクセスランキングを見る>>



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山記念2011年
東京新聞杯に続き同枠馬にやられてしまったフェブラリーS。

[地]フリオーソのもつあの戦歴のほうが優れていたのですね。

教えてくださった皆さんありがとうございました。

さて、中山記念を。

2008年にAJCC・京都記念とともに賞金別定戦からグレード別定戦に変更された。

2008年 中山記念 4歳57K
2009年 AJCC Jpn→G
2010年 京都記念 ぞろ目
2011年 AJCC ぞろ目
2011年 京都記念 7日目→6日目

今年の京都記念の変更で【GⅡ日曜日開催】というスペックが共有された。

AJCC=京都記念 2200M
京都記念=中山記念 6400万円
AJCC=中山記念 中山競馬場

3レース中2レースが共有する事項と共有しない事項。

3レースある中で2レースは2着。1レースは1着。あるいはその反対。

そんな形になる事を期待する。

スポンサーサイト

フェブラリーS2011年 No.3
テスタマッタの足きりは何を意味するのだろうか?

2012年であったならばフェブラリーS2着馬の賞金(2年以内のGⅠ収得賞金)を3800万加算し出走が可能であったはず。

それがないから出走できませんと・・・

現行 通算の収得賞金+過去1年の収得賞金
変更後 通算の収得賞金+過去1年の収得賞金+過去2年のGⅠ競争の収得賞金 
*適用については夏季競馬から

ところでなぜダートGⅢ群は昨年賞金が減額になったのだろうか?

3900万→3800万

そしてなぜ3800万なのだろうか?フェブラリーS2着馬が収得できる賞金額・・・

3800万を2回収得賞金に入れられなかったため出走できなかったテスタマッタ。

以上の観点から3800万を2回収得し出走してきた馬を狙いたい。

フェブラリーSという東京GⅠ賞金2着馬と同じ3800万を稼いだセイクリムズンから狙う。

相手はGⅠ(JpnⅠ)賞金加算馬と根岸S2着馬を。
フェブラリーS2011年 No.2
テスタマッタとカジノドライヴが除外され16頭のメンバーが揃った。

なぜこの2頭が除外されねばならなかったのか?

回避馬が2頭でたためテスタマッタは17番目の馬として回避馬を待つ事になったわけだが、ついにもう1頭の回避馬は出なかった。

もしもこの状況が2012年であったら・・・

テスタマッタは大手を振ってフェブラリーSに出走していたのに。

この辺に主催者の思惑が隠されているのではなかろうか?


フェブラリーS2011年
2009年 フェブラリーS 1着 サクセスブロッケン牡4歳
                2着 カジノドライヴ牡4歳

2009年 JCD      1着 エスポワールシチー牡4歳
                2着 シルクメビウス牡3歳 
  *JRA所属4歳馬は1着同枠サクセスブロッケンのみ

2010年 フェブラリーS 1着 エスポワールシチー牡5歳
                2着 テスタマッタ牡4歳
  *ぞろ目
2010年 JCD     1着 トランセンド牡4歳
               2着 グロリアスノア牡4歳 

世代交代か?それとも・・・
共同通信杯2011年 No.4
裏の掲示板に私の思うところは書きましたのでこちらでは結論だけを。

ダノンバラードの2着付けでナカヤマナイト・ビッグロマンス・ディープサウンド。

ダノンが1着ならばぞろ目・・・としておきます。

京都記念についても少し。

今年の変更は3歳戦だけではない。

古馬レースも1回京都→2回京都ではだいぶ変更されておりもっとも重要なのは・・・

6日目日経新春杯→8日目AJCC
6日目京都記念→8日目フェブラリーS

賞金で考えると6日目より8日目のほうが多くなるように変更されている。

であるならば日経新春杯と京都記念にはつながりを持たせるはず。

ここまでの流れを考えると日経新春杯2着馬がここで仕事をするかは疑問。

オルフェーブルもダンスファンタジアも連対することはできなかったからだ。

詳細は省くが・・・

トゥザグローリー→ビッグウィーク→メイショウベルーガ

と決まってくれると嬉しいが・・・

数点流して遊んでみる。
共同通信杯2011年 No.3
さて、本年の共同通信杯はダノンバラードの着順を特定できれば・・・といったところだろう。

ダノンバラードの特性だが・・・

10年 ラジオNIKKEI杯2歳S1着

ではラジオNIKKEI杯とはいかなるレースであったのか?

2歳世代最後の重賞レースなのだから最後の国際化レースだといえる。

そうした変化があった年度は1996年のラジオ短波杯3歳S。

前年に[地]開放が行われ朝日杯3歳Sやそのステップレースが(指)化。

1年遅れてラジオ短波杯3歳Sが(特指)レースとなり[地]馬開放が完了する。

96年のラジオ短波杯3歳Sの覇者はメジロブライト。

彼はその後・・・

共同通信杯1着→スプリングS2着→皐月賞4着→ダービー3着・・・

と駒を進めるのだが結局クラシックでは無冠に終わる。

メジロブライトの後を行くのか?それとも自らの道を切り開くのか?



共同通信杯2011年 No.2
きさらぎ賞と比較してみる。

きさらぎ賞最終連対歴
メイクデビュー 3頭・・・1着
未勝利 2頭・・・2着・・・2着
500万2着・・・2頭
500万1着・・・なし
オープン2着・・・1頭
オープン1着・・・2頭
GⅢ2着・・・1頭
[地方]1頭

共同通信杯最終連対歴
メイクデビュー 1頭
未勝利 2頭・・・1着
500万2着・・・なし
500万1着・・・4頭
オープン2着・・・2頭
オープン1着・・・2頭
GⅢ1着・・・1頭
[地方]1頭

上記はあくまでも最終連対歴を拾ったもの。

きさらぎ賞には出走してこなかった500万条件1着馬が4頭も出走する。

全く違う種類の馬達が連対するレースになるのだろうか?
共同通信杯2011年
東京新聞杯は同枠馬にやられてしまい3連単もパーでした。

この辺の駆け引きがまだまだですね・・・

さて、今週は共同通信杯。

きさらぎ賞と日程が逆になり1回東京6日目開催となった。

1回東京4日→1回東京6日
2回京都6日→2回京都4日

ここにひとつのポイントがあるはず。

見てお分かりの通り反転だ。

だとすればきさらぎ賞の分析は欠かせない。

なぜ500万賞金加算馬を出走させなかったのか?

こちらへの登録はこんなにいるのに・・・

人気のダノンバラードは1着席にたどり着けるのか?


東京新聞杯2011年
創設以来まだ富士S覇者が東京新聞杯を勝った事がない。

同じ東京1600M戦なのになぜなんだろうか?

現在の別定条件に東京新聞杯が変更になったのは2007年のこと。

3000万2000万ごと1キロ増。

一方、富士Sはグレード別定。

2008年を除き2007年から今年まで4頭の富士S覇者が出走している。

今までにない戦歴を引っさげて東京新聞杯に臨むダノンヨーヨーから入りたい。

相手はきさらぎ賞と同日になったことを示すならばリクエストソング(ゴールスキー)、ネオヴァンドーム、スマイルジャック、あるいはシルポートあたりに期待したい。

皆様のご検討をお祈りします。


京都牝馬S2011年結果
平安Sからの継承を見誤った。

1着2人気 ダイシンオレンジ 10年平安S2着 10年アンタレスS1着

であるならば・・・

2着1人気 ヒカルアラマンサス 10年京都牝馬S1着
2着同枠 アグネスワルツ 10年フローラS2着

人気・戦歴ともに平安Sのダイシンオレンジをひっくり返しているヒカルアラマンサスが2着にならねばなるまい。

アンタレスSとフローラSの共通点が分からない?

2011年この両レースからWIN5が発売開始される記念のレースだと言えば・・・

その対極に位置する馬とは?

アグネスワルツから考えると桜花賞不出走歴とGⅡフローラS2着歴とGⅢ不出走歴が見えてくる。

桜花賞に出走させた3歳牝馬GⅢ1600Mの覇者3頭を揃えてきたのは偶然ではないだろう。

その中で真っ先に切ったショウリュウムーンに勝たれてしまったのはご愛嬌ということで(笑)


拍手コメント等いただきましてありがとうございます。

ぼちぼちと記事を更新させていただきますので宜しくお願いします。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。