競馬番組表・鉄の掟(変化を読む競馬予想)
毎年変化を起こす競馬番組表を分析する事により勝ち馬がどのように選択されているかを見極める競馬予想。
競馬番組表・・・鉄の掟(有料版)

有料ブログ行っております。 現在は4週間に付き5000円です。 週4~5回ほど更新します。 競馬番組表・・・鉄の掟(有料版) http://racingrule.blog.fc2.com/ 興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。



リンク

メルマガ登録・解除
競馬番組表に浮かび上がるその1頭を狙い打て!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ



カテゴリー



カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



FC2カウンター



ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



最近の記事



月別アーカイブ



Amazonでお買い物 こちらから



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
1048位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
477位
アクセスランキングを見る>>



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セントウルS2011年 No.2
タマモは回避しダッシャーゴーゴーだけが出走。

ダッシャーゴーゴーは・・・

10年 セントウルS1着 GSC
10年 スプリンターズS2着降着で4着 GSC
11年 高松宮記念4着降着で11着 GSC

10年以前のGSCでない高松宮記念に出走していないことがポイントではないかと?

それによって国内GSCにすべて出走しかつGSCでなかったレースには出走していないことになる。

つまり国内GSCレースの申し子的存在。

その同枠が3歳馬スギノエンデバー。

3歳馬は国内GSCにはまだ出走できない。

GSCに対しては白紙の状態。

唯一この馬だけが3歳馬としてサマースプリントへ出走していない立場。

サマースプリント最終戦としてのセントウルSではなく、スプリンターズSのステップレースとしてのセントウルS(GSC)への出走。

同じ意味を持つ馬が同枠に配置された。

しかしながらこの馬たちはセントウルSがGSCではなくなったことを示す馬たち。

打倒されるべき・・・つまり2着を目指すのではないか?


さて、セントウルSがGSCとなった2005年を振り返ってみる。

2005年にセントウルS覇者となったのはゴールデンキャスト。

彼は前年もセントウルSを勝っている。

高松宮記念も今年GSCの仲間入りを果たしたのでその結果も振り返りたい。

2011年の高松宮記念覇者は(外)キンシャサノキセキ。

この馬も前年高松宮記念を勝っている。

この点からも前年覇者であるダッシャーゴーゴーが魅力的に映る。

ちなみに2006年のセントウルSGⅡへ格上げ。そして2012年の高松宮記念は2012年には中京開催に戻る。

ダュシャーゴーゴーが2着だと考える所以は来年変化のないセントウルSだから1着ではなく2着ではないかと・・・

スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。