競馬番組表・鉄の掟(変化を読む競馬予想)
毎年変化を起こす競馬番組表を分析する事により勝ち馬がどのように選択されているかを見極める競馬予想。
競馬番組表・・・鉄の掟(有料版)

有料ブログ行っております。 現在は4週間に付き5000円です。 週4~5回ほど更新します。 競馬番組表・・・鉄の掟(有料版) http://racingrule.blog.fc2.com/ 興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。



リンク

メルマガ登録・解除
競馬番組表に浮かび上がるその1頭を狙い打て!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ



カテゴリー



カレンダー

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



FC2カウンター



ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



最近の記事



月別アーカイブ



Amazonでお買い物 こちらから



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
2000位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
859位
アクセスランキングを見る>>



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプリンターズS2011年 No.2
セントウルSがGSCから外れた事について考えてみる。

セントウルSはGSCとサマースプリントという2つのシリーズを掛け持ちしていたのだけれど、これで晴れてサマースプリントだけとなった。

これを表現してくる馬が起用される可能性は高い。

一つとして昨年と今年の違いを示してきている馬。

GSC セントウルS 1着 → スプリンターズS 2着入線(4着)
非GSC セントウルS 3着 → スプリンターズS ???着

最後のGSCセントウルS覇者として2着入線を果たしたダシャーゴーゴー。

セントウルS3着馬(1・2着の[地]馬に優先出訴権付与)として最初の非GSCを否定し出走してくる。

つまりGSC路線を肯定している側の馬とも取れる。

また、もう一つの考えとして・・・

セントウルSはその本来の役割であるスプリンターズSへのステップレースへ立ち返ったとも取れる。

GⅢ時代から振り返ってみてもその覇者がスプリンターズSを勝った歴史はビリーヴのみであり、その年でさえスプリンターズSが新潟で行われたための産物であり受け入れたとは言いがたい結果であった。

本年度はスプリンターズSが新潟で行われるわけではないが、GSC高松宮記念が阪神で行われたのだ。

このタイミングでGⅡセントウルS馬が初めてスプリンターズSを勝つ・・・と理想なのだが・・・





スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。