競馬番組表・鉄の掟(変化を読む競馬予想)
毎年変化を起こす競馬番組表を分析する事により勝ち馬がどのように選択されているかを見極める競馬予想。
競馬番組表・・・鉄の掟(有料版)

有料ブログ行っております。 現在は4週間に付き5000円です。 週4~5回ほど更新します。 競馬番組表・・・鉄の掟(有料版) http://racingrule.blog.fc2.com/ 興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。



リンク

メルマガ登録・解除
競馬番組表に浮かび上がるその1頭を狙い打て!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ



カテゴリー



カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



FC2カウンター



ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



最近の記事



月別アーカイブ



Amazonでお買い物 こちらから



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
1338位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
666位
アクセスランキングを見る>>



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンカップダート2011年 No.1
さて、ジャパンカップダートについて。

一番影響を与えるものとしては南部杯MCSが東京競馬場でWIN5施行の元行われた・・・ということ。

それからこれも震災の影響ではあるがマーチSが阪神1800MというJCDと同じ競馬場と距離で行われたこと。

また、なぜスマートファルコンは出走しないのか?

後は3歳馬の排除にどのような意味があるのか?

このあたりをじっくり考えてみたいものです。

答えまでたどり着く事ができるのか・・・
スポンサーサイト

ジャパンカップ2011年 結果
>であるならば今年の状況をどう捉えるかによって馬券の成果は変わってくるだろう。

>先のJpn?芝の賞金加算は09年Jpn?朝日杯が最後でありこの
ジャパンカップまでである。

Jpnとして1番最後に行われたラジオNIKKEI賞2歳Sの覇者であるヴィクトワールピサ。

これに注目したのだが。

総決算ならば・・・その象徴ブエナビスタが復活し1着席へ・・・と考えなければ・・・

相手は天皇賞秋で書いたようにJpn→Gへと変更されたGⅡを3つ勝ってきたト-センジョーダン。

天皇賞秋で予想した結果がここに持ち込まれてしまった(笑)

4歳世代を連対席から排除して結果を示した主催者。

やはりJpnという時代の終焉なのだろう。

有馬記念が引退レースとなるようですがどのような結果が待っているのか?
ジャパンカップ2011年
凱旋門賞馬デインドリームとブエナビスタが1番人気を争っている状況。

まだどちらが1番人気を得るのかが判明しない。

現在のままという仮定でしか書くことができないが・・・

ブエナビスタが2番人気を得るという仮定で。

2006年凱旋門賞に出走し3着となったものの降着処分。

その足で帰国しジャパンカップと有馬記念をぶち抜く。

ジャパンカップはと言えばドリームパスポートとのぞろ目決着。

なぜぞろ目であったのか?

私の推測だとJpnⅠクラシックが2007年から始まるためその仕切り板
としての役割だったのではなかろうか?

であるならば今年の状況をどう捉えるかによって馬券の成果は変わってくるだろう。

先のJpnⅠ芝の賞金加算は09年JpnⅠ朝日杯が最後でありこの
ジャパンカップまでである。

つまり最初と最後にぞろ目でそろえるときれいなのではないかという発想。

そしてジャパンカップの再現として凱旋門賞1・2着馬のそろい踏みという観点
から1993年。

昨年のジャパンカップ1・2着間馬の配置であるとかダービー馬の配置などを
見ると・・・やはりぞろ目しか見えなくなる(笑)

あまり自信はないが4枠ぞろ目で。

ペルーサがレガシーワールドを再現すると読む。

皆様のご健闘をお祈りします。
マイルCS2011年 結果
リアルインパクトとエイシンアポロンの馬連・ワイドをしこたま購入して大ハズレでした・・・

質問を頂きましたので私の思うところを。

本年度の夏より2年前までのJpnⅠ・GⅠの2着までの収得賞金が加算されて出走順位が決まる制度になりました。

どこかでそれを示すはずです。新しい制度ですから。

それをここでやったのだと。

エイシンアポロン 09年 JpnⅠ朝日杯FS 2着
 *1年以上前~2年以内 賞金加算あり

フィフスペトル  08年 JpnⅠ朝日杯FS 2着
 *2年以上前      賞金加算なし

リアルインパクト 10年 GⅠ朝日杯FS  2着
 *1年以内    賞金加算あり 1年以上前のGⅠ賞金加算なし

2年前までのJpnⅠ・・・という文言が入っているわけですからJpnⅠ賞金加算をしたことでこの秋のGⅠを勝てない・・・という事は無いはずです。

同じ戦歴の3頭を用意してきた。

上記3頭の優劣を見ると新しい制度を表現するために1番適した馬はエイシンアポロンです。

そしてその対岸を走っていたのがフィフスペトル。

1・2着は同じように見える(JpnⅠ朝日杯FS2着)戦歴でありながらその違いを持つ。

まぁ、結果が出たからいえるのですが私などはGⅠ朝日杯FS2着馬をエイシンアポロンより上にとりましたから(笑)


そのレースが何を表現しようとしているのか?

なかなか難しいですが、それが分かればある程度馬券は当たるのではないでしょうか?

今回はやられましたがそのように考えて解いていけば・・・確信に近い馬券に出会えると思います。

それが競馬番組表から紐解く馬券の醍醐味ですから。
マイルCS2011年No.4
2004年桜花賞が(外)馬に出走を許しクラシックでの(外)馬開放は終止符を打つ。

その勝ち馬はダンスインザムード。

桜花賞1着→天皇賞秋2着→マイルCS2着

2010年朝日杯FSが[外]馬に出走を許し馬齢限定GⅠでの[外]馬開放は終止符を打つ。

その2着馬はリアルインパクト。

朝日杯FS2着→安田記念1着→マイルCS???着

天皇賞と安田記念は古馬が58Kで出走するレースであり、2004年は秋から3連単が発売され2011年の皐月賞以後はWIN5が発売されている。

リアルインパクトはダンスインザムードの忠実な再現馬だと判断。

彼の目指す着順は1着ではなかろうか?

◎リアルインパクト(同枠イモータルヴァース注意)

エリザベス女王杯から考えると昨年の覇者出走、春牝馬GⅠ馬の出走など共通項目が多い。

エリザベス女王杯
1着枠 [外]馬存在 昨年エリザベス女王杯1着

2着枠 秋華賞1着馬

3着枠 ヴィクトリアマイル1着 同枠 秋華賞3着馬

これをマイルCSに当てはめてみる。

3枠 昨年マイルCS1着

4枠 [外]馬存在 安田記念1着 NHKマイルC3着

6枠 NHKマイルC1着 

秋華賞はエリザベス女王杯に対する[地]馬優先出走権付与レース。

NHKマイルは安田記念に対する[地]馬優先出走権付与レース。

エリザベス女王杯で秋華賞1着馬と3着馬が逆から組んで同枠になる関係。

マイルCSでNHKマイルC1着馬と3着馬は対角の同枠関係。

初めの想定でダンスインザムードをリアルインパクトがやる・・・だからエリザベスと同じように[外]馬を同枠にした・・・と考えれば・・・

4枠が1着枠を構成すると読める。

では2・3着枠はどちらか?

3枠を上位に取りたい。

なぜならば4回東京6日目に急遽移動し(マイルCS6回京都6日目)府中牝馬Sと同じく[地]に優先出走権を与える富士S1着歴を持っているから。

朝日杯FS   1着2着
NHKマイルC 1着3着
マイルCS   ?着?着

2着3着もありなか???

皆様のご健闘をお祈りします。



マイルCS2011年No.3
ここまでの古馬GⅠのおさらいを。

ヴィクトリアマイル 2着 ブエナビスタ 10年ヴィクトリアマイル1着
エリザベス女王杯  1着 スノーフェアリー 10年エリザベス女王杯1着

古馬GⅠレースにおいてともに[地]馬ステップレースでの(優)権が1着枠に存在しない。

安田記念      1着 リアルインパクト 
          同枠 ダノンヨーヨー 10年マイルCS2着

マイルCS     1着 ????????

古馬戦において[地]馬ステップレース(優)権取得馬が存在しないレースは牝馬GⅠと安田記念だけ。

マイルCSでも同じことが起こるのではないだろうか?

次に3歳戦でのマイルの傾向を。

桜花賞     2着 ホエールキャプチャ 阪神JF2着
NHKマイルC 1着 グランプリボス   朝日杯FS1着

やはりGⅠ連対馬の役割がポイントとなっている。

これをどのように料理するのか?

明日時間があればもう一度更新します。
マイルCS2011年No.2
枠順発表。

本年度のマイルCSが安田記念と同じ目的ならば・・・

リアルインパクトがイモータルヴァースと組んだわけは?

今年のGⅠの流れと合わせて考えてみると・・・

キョウワジャンヌがリディルと組んだのは?

もしも想定どおりならば・・・

まだまだ考えなくてはならないことが。
マイルCS2011年 No.1
マイルCSには3歳限定GⅠ勝ち馬が2頭出走する。

マルセリーナ 桜花賞馬
グランプリボス 朝日杯FS馬 NHKマイルC馬

いずれも1600MのGⅠ勝ち馬。

レーヴディソールがエリザベス女王杯ではなくこちらに回ってくれていたならば
すべての2・3歳限定1600M GⅠ覇者が揃ったものを。

しかしよく見てみると・・・

エリザベス女王杯
*レーヴディソール 阪神JF馬
*エリンコート   オークス馬
*アヴェンチュラ  秋華賞馬

有馬記念出走予定
*オールフェーブル 3冠馬

2・3歳限定GⅠ馬達がすべてこの秋出走の運びになっている。

現3歳馬に課せられた役割とはなんであろうか?
エリザベス女王杯2011年No.3
完全国際の象徴レーヴディソールが出走してくるエリザベス女王杯。

時代から考えれば地方馬完全開放年度である1996年の天皇賞秋に行き着く。

1995年 1着 サクラチトセオー 同枠 ゴーゴーゼット
      2着 ジェニュイン   同枠 マイシンザン(取り消し)

1996年 1着 バブルガムフェロー 同枠 ゴーゴーゼット
      2着 マヤノトップガン  同枠 ユウセンショウ

2010年 1着 [外]スノーフェアリー 同枠 アパパネ
      2着 メイショウベルーガ 同枠 ヒカルアラマンサス

[地]馬開放を天皇賞秋で表現し[外]馬開放をエリザベス女王杯で表現する。

1995年と2010年を取り消し戦にしたのもスイッチを入れたためだろう。

上記から考察するに地方馬クラシック開放年の1995年に開放1年目のジェニュインが2着席へ。取り消しを考えると1着の同枠になる。

それは海外馬開放年である2010年に開放1年目のアパパネが1着同枠としてスノーフェアリーを支えたことと同じではないか?

であるならば今年も同じことをする可能性は高い。

バブルガムフェローとレーヴディソールが同じ馬に見えそうなものだが・・・

であるならばなぜ府中牝馬Sへ臨み古馬に負けることを選択しなかったのか?

その辺に疑問が残る戦歴。

私としてはゴーゴーゼットが残した痕跡を重視したい。

1995年 1着同枠   → 1996年 1着同枠
2010年 1着OR同枠 → 2011年 1着OR同枠

[外]スノーフェアリーの連覇 OR アパパネの枠が1着

その当時[地]馬は出走していなかった。

2010年は[外]馬が出走し1着席へ。

JRA初の[外]馬スノーフェアリーの連覇で完全国際化を表現すると読む。

相手は2・3歳限定レース連対馬か。


エリザベス女王杯2011年No.2
ヴィクトリアマイル覇者が初めてエリザベス女王杯へ駒を進めてきた。

そして府中牝馬SがGⅢからGⅡへの昇格。

ヴィクトリアM     エリザベス女王杯

 高松宮記念  >  秋華賞
 阪神牝馬S  <  京都大賞典
 福島牝馬S  <  府中牝馬S

斤量においては以前からエリザベス女王杯が上であったが、本年からは昨年と違いステップレースの賞金においても格においてもエリ女がヴィクトリアを凌駕する事になった。

このタイミングでのヴィクトリアマイル覇者とエリザベス女王杯覇者との出会いの設定。

アパパネはスノーフェアリーより前へ行けるのだろうか?


アパパネ 国際認定桜花賞1着→エリザベス女王杯3着→ヴィクトリアマイル1着→エリザベス女王杯???

ヴィクトワールピサ 国際認定皐月賞1着→ジャパンカップ3着→有馬記念1着→ジャパンカップ???

この辺から考えると反対の答えを求めているようにも見えるし・・・さて・・・


エリザベス女王杯2011年No.1
コメントや拍手コメントありがとうございます。

ぼちぼちとやって行きたいと思いますので宜しくお願いします。

さて、エリザベス女王杯ですが今年の観点を。

・府中牝馬SがGⅡへ昇格
・ヴィクトリアマイル覇者が初めて出走
・来年府中牝馬Sが土曜日へ移行
・[外]馬開放3歳世代の出走

あたりを考えています。

アパパネが牝馬GⅠレース完全コンプリートなるのか?

スノーフェアリーが連覇を果たすのか?

あるいは3歳国際認定世代の台頭か?

色々な観点があり難しく、だからこそ楽しみです。
アルゼンチン共和国杯2011年No.2
2007年にJpnⅡと規定されてからの勝ち馬はご承知のとおり。

2007年 1着 アドマイヤジュピタ 天皇賞春1着
2008年 1着 スクリーンヒーロー JC1着
      2着 ジャガーメイル   天皇賞春1着
2009年 2着 アーネストリー   宝塚記念1着
2010年 1着 トーセンジョーダン 天皇賞秋1着

GⅠの間に行われているこのGⅡの働きは・・・

さて、昨年に3歳馬として出走したコスモヘレノスが再び出走し、新世代の3歳馬は出走してこない。

これは先週の天皇賞秋と同じ構成だ。

まだ新世代の影響を避けたレース群として天皇賞秋のJpnⅠ朝日杯FS勝ち馬の枠が1着へ名乗りを上げたことは重要ではなかったか?

であるならばJpnⅠでの賞金加算があるオウケンブルースリやフォゲッタブル・トウカイトリックがいる枠には注意が必要だと感じる。

オウケンブルースリ 09年 JC2着
フォゲッタブル   09年 菊花賞2着

出走順位で2年前のGⅠ2着の賞金が加算されるオウケンと期限が切れたフォゲッタブル。

18頭ならば賞金加算が絡んでくると読んで・・・

6枠から・・・オウケンでない場合も想定

来年から3歳馬が出走できない目黒記念を走ったトレイルブレイザーの方がよさそうに見えるが?


アルゼンチン共和国杯2011年
昨日の天皇賞秋を勝ったトーセンジョーダン。

彼は2010年アルゼンチン共和国杯を皮切りにAJCC杯・札幌記念を勝ちあがり天皇賞秋をも制覇した。

その3レースは2007年2008年とJpnレースであった。

その他の過去JpnⅡは目黒記念・ステイヤーズS・阪神C。

AJCC 1着 トーセンジョーダン 10年アルゼンチン共和国杯1着
目黒記念 2着同枠 ジャミール   10年アルゼンチン共和国杯2着 ステイヤーズS2着
札幌記念 1着 トーセンジョダン  11年AJCC1着
アルゼンチン共和国杯  ?????

2010年の阪神Cはぞろ目でこのレース群に加わることを拒否しているように思える。

目黒記念1着    キングトップガン
ステイヤーズS1着 コスモヘレノス

過去1年間にJpnⅡだったレースで賞金加算をしてきた馬は上記2頭。

また2500Mで行われているGⅡは目黒記念とアルゼンチン共和国杯と日経賞。

日経賞が阪神2400Mで行われた影響をどのように受けるのか?

その辺を思案中・・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。