競馬番組表・鉄の掟(変化を読む競馬予想)
毎年変化を起こす競馬番組表を分析する事により勝ち馬がどのように選択されているかを見極める競馬予想。
競馬番組表・・・鉄の掟(有料版)

有料ブログ行っております。 現在は4週間に付き5000円です。 週4~5回ほど更新します。 競馬番組表・・・鉄の掟(有料版) http://racingrule.blog.fc2.com/ 興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。



リンク

メルマガ登録・解除
競馬番組表に浮かび上がるその1頭を狙い打て!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ



カテゴリー



カレンダー

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



FC2カウンター



ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



最近の記事



月別アーカイブ



Amazonでお買い物 こちらから



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
2000位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
859位
アクセスランキングを見る>>



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダービー2012年 展望
主催者は常にダービーからダービーへと言い続けてきた。

それが具現化されるのが2012年。

ダービーが2回東京12日目となり翌週からメイクデビュー勝ちを目指して若駒が走り出す。

まさにダービーからダービーへという流れを形作ったといえる。

有馬記念も来年最終グレードレースではなくなるのだが、それも有馬記念が終わりを飾るレースではなくダービーが1年の終わりであるという宣言であるはずだ。

ここで考えねばならぬ事はダービーからダービーへと向かう道筋に菊花賞は含まれていないことである。

現在の3冠馬は皐月賞→ダービー→菊花賞であるが上記の流れだと朝日杯FS→皐月賞→ダービーに変化していくのではないかと考える。

3冠がこの3つのレースになるというのではなく朝日杯FSからのルートがより貴重になるという意味で。

2012年のダービー馬はダービーからダービーを体現する馬ではないにしろ(メイクデビューがダービー翌週に始まっていない)半分はその意思を継いでいる。

だとすれば皐月賞からダービー、そして菊花賞を勝ったオルフェーブルは旧??3冠馬路線を纏め上げたとも思える。

次の3冠馬が現れる前に朝日杯FS→皐月賞→ダービーを連覇する馬が現れるのではないかと・・・

その馬は菊花賞を勝たないはずだ。

そして古馬GⅠでの何らかの仕事が待っているのではなかろうか。

話が飛びすぎるが2013年のダービーでそのような馬が見られるのではないか?

つまり2012年のダービーでは朝日杯FS1着→皐月賞1着→ダービー1着という戦歴は無いのではと考えている。

1991年 ミホノブルボン 朝日杯3歳S1着→皐月賞1着→ダービー1着
1992年 ブワハヤヒデ  朝日杯3歳S2着→皐月賞2着→ダービー2着
1993年 ナリタブライアン朝日杯3歳S1着→皐月賞1着→ダービー1着

そのような戦歴の馬を出す前後には似通った戦歴の馬が出るわけでアルフレードがどこからダービーに上ってくるのか興味津々である。


1年間私のブログに付き合ってくださり誠にありがとうございました。

来年も皆様が良い年を迎えられますように祈っております。
スポンサーサイト

有馬記念2011年 結果
1着 ブエナビスタ
2着 オルフェーブル(1着)
3着 エイシンフラシュ(2着)ヴィクトワールピサ

といったところを狙った3連単。

ブエナビスタとヴィクトワールピサが逆枠同枠となり封印だったのか?

上記4頭はどのような馬であったのか?

いずれもクラシックの覇者でありこの4頭での3連単決着を希望した。

残念ながら結果はハズレ。

最後を飾る事はできなかった。

覇者を争っていた2頭を1・2着に据える馬券は無理筋であったか・・・


【余談】

武豊騎手のGⅠ連勝記録が途絶えた。

彼の初GⅠ制覇が1988年のスーパークリークでの菊花賞。

この年は皐月賞が東京競馬場で行われた。

2011年再び皐月賞が東京で行われしかも3冠馬の出現。

色々考えさせられます・・・
有馬記念2011年 No.3
7枠以外に存在していた昨年の有馬記念出走馬。

ペルーサの取り消しによって・・・

ブエナビスタとヴィクトワールピサが同枠に。

そしてオルフェーブルがローズキングダムと組むことに。

つまり昨年の有馬記念で賞金加算をしてきた馬達が同じ枠となり、出走していないオルフェと出たかったけれど出れなかったローズが同枠となり出走していなかったことを強調。

JpnⅠ賞金加算が外れた今年の有馬記念。

その代表といえるブエナビスタ。

ファン投票1番人気を保持し続けたウオッカからの伝言と役割をここで終わらせると見る。

そのために2011年秋番組表にわざわざJpnⅠ南部杯MCSを施行し記載したはず。

2007年 夏番組に初めてJpnの記号が記載
2011年 秋番組に最後のJpn南部杯MCS施行

2007年~2011年までの有馬記念で牝馬の連対を希望する。

勝つのはブエナビスタ!

今年の褒賞金変更を分かりやすくするため他のGⅠを勝たずに天皇賞秋を4着にとどめ(3着以内は褒賞金対象)褒賞金が上がったジャパンカップのみを勝ってきた。

天皇賞秋も勝ってしまえば古馬GⅠ3連勝となり別の褒賞金対象となってしまう。

相手は?

これも昨年いなかった馬。しかも出走していなかった馬・・・

つまり当年GⅠを3勝している馬・・・オルフェーブル。

配当的にはつまらないが時代の終焉としてふさわしい決着ではなかろうか?

オルフェーブルが勝つならばぞろ目かもしれないが・・・

3着にヴィクトワールピサとエイシンフラシュを。

最後に笑えると良いですね。皆様のご健闘を祈ります!


有馬記念2011年 No.2
マイネルキッツが鼻出血で回避。

それによって・・・

皐月賞  10年ヴィクトワールピサ 11年オルフェーブル
ダービー 10年エイシンフラシュ 11年オルフェーブル
天皇賞春 10年ジャガーメイル  11年ヒルノダムール
天皇賞秋 10年ブエナビスタ   11年トーセンジョーダン
JC     10年ローズキングダム 11年ブエナビスタ

GⅠレースのペアが5組出来上がったことになる。

中でもブエナビスタとオルフェーブルは同じ要素を持ち合わせ争っているように見える。

GⅠ東京2000M1着 天皇賞秋 皐月賞
GⅠ東京2400M1着 JC   ダービー

昨年はGⅠ中山2000M1着皐月賞の覇者がGⅠ東京2000M1着天皇賞秋の覇者に先着。

褒賞金で見ると同じGⅠ扱いでどちらが勝ってももらえる金額に変わりは無かった。

であるならば生涯1回しか出走できないGⅠに価値があるというもの。

しかし今年は天皇賞秋>皐月賞、JC>ダービーとなり金額の格差が出た。

であるならばブエナビスタ>オルフェーブルという図式が出来上がるはずだが・・・

ただ出走順位における賞金換算方法の変更を受けた最後のJpnⅠ朝日杯FSの賞金はすでに算入されなくなりJpn時代の終わりを告げているとも考えられる。

まだまだ考察中・・・
有馬記念2011年 No.1
報奨金制度の変更が発表された有馬記念。

天皇賞秋とジャパンカップの2・3着馬に報奨金が払われる事と、1着馬には他のGⅠ覇者より多くの報奨金が払われる事になった。

昨年との違いを示すならば・・・

2010年 
1着馬 皐月賞1着→ジャパンカップ3着
2着馬 天皇賞秋1着→ジャパンカップ2着 *ヴィクトリアマイル1着

昨年の連対馬はGⅠ覇者として1・2着となり報奨金を得た馬。

示された事は3歳限定GⅠでも古馬GⅠでも同じ扱いで報奨金を得ることが出来る。

そしてGⅠを二つ勝っていても同じ報奨金である事。

では変更事項を考慮して今年示さなくてはならない事は?

天皇賞秋 
1着 トーセンジョーダン
2着 ダークシャドウ  *登録なし
3着 ペルーサ

ジャパンカップ
1着 ブエナビスタ
2着 トーセンジョーダン
3着 ジャガーメイル  

トーセン・ブエナ・ペルーサ・ジャガーが3着以内に入り報奨金を得ることが新しい報奨金制度を示す事になるはず。

昨年との違いを示すならば同じ戦歴のトーセンジョーダンが2着か3着となり・・・

10年 天皇賞秋1着→有馬記念2着 *2000万円
11年 天皇賞秋1着→有馬記念2着 *3000万円
    天皇賞秋1着→有馬記念3着 *2000万円

昨年天皇賞秋を勝って有馬記念を2着し2000万円もらったけれど今年は同じ着順で3000万円も貰えた、というのと有馬記念で3着だったけれど同じ2000万円貰えた・・・という着順の可能性。

だが・・・今年の変更は天皇賞秋を勝ってしまえばジャパンカップの2着は報奨金取得には関係ない。

天皇賞秋1~3着馬  →有馬記念1~3着
ジャパンカップ1~3着→有馬記念1~3着

という関係を提示しているからだ。

であるならばブエナビスタが2・3着役を受け持つのではないか?

とりあえず候補として(1着の可能性も含め)残しておく1頭。

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

有馬記念2011年 No.1
さて、いよいよ今年最後のレースである有馬記念を迎えることになりました。

終わりよければの言葉通り外れ続けたことを忘れるような馬券をと(笑)

とりあえず今年の観点を。

○ 国際化後のダービー馬が2頭出走する
○ 報奨金の変更
○ 賞金のアップ
○ JpnⅠの賞金が組み込まれなくなる

といった部分を考えて行きたいと・・・

3冠馬オルフェーブル、引退レースのブエナビスタ、ドバイを勝った世界のヴィクトワールピサ、天皇賞春・秋の覇者等多彩なメンバーで目を奪われますが出来ればピンポイントで的中させたいですね。
朝日杯FS2011年 No.2
本年は震災の影響により福島開催が中山開催に変更され6月18日から7月10日まで中山 
阪神(京都) 函館 という3開催で施行。

そして7月16日からJRA夏トクが始まり9月4日まで施行された。

中央2場+従場 6月18日~7月10日

中央場所なし  7月16日~9月4日  *JRA夏トク

中央2場+従場 9月10日~

阪神JFでは・・・
7枠だけに持たされた特徴・・・JRA夏トク期間以外での賞金加算馬が3頭揃った事。
 *その他の枠はJRA夏トク期間賞金加算馬あり

6枠だけに持たされた特徴・・・JRA夏トク期間での賞金加算(失敗なし)をした2頭が揃った事。

この辺から考えるとJRA夏トク期間に賞金獲得した馬とまったくその期間に賞金を加算しなかった馬が1・2着を構成したことが分かる。

朝日杯FSに当てはめてみると・・・

5枠7枠8枠がJRA夏トク期間賞金加算なしの馬同士で組まれた枠。

その中でも・・・

ダローネガ 6月19日1着
      9月4日 4着 JRA夏トク期間
      9月18日1着 10月15日GⅡ2着

JRA夏トク期間であった新潟2歳Sだけ賞金加算せず前後のレースでは賞金加算を失敗していない戦歴。

JRA夏トクで賞金加算せずメイクデビュー勝ちという賞金加算失敗なしのジョワドヴィーヴルと同じ。


相手としてはJRA夏トク期間で賞金加算(失敗なし)をしたクラレント他。

来年から朝日杯FSステップ専用となるデイリー杯と京王杯。

阪神JF ファンタジーS1・2着馬 
 *GⅡ出走馬なし
朝日杯FS デイリー杯1・2着馬 京王杯1・2着馬 
 *東スポ杯1・2着馬なし

国際化された2歳戦で来年はステップ変更→2年限りの戦歴を使う?

2011年 デイリー杯7着→京王杯1着
2011年 デイリー杯1着→東スポ杯13着

牝馬が勝ったデイリー杯(阪神JF用ステップ化)を7着に遠慮し京王杯で1着。

牡馬だけのデイリー杯を勝ち東スポ杯(朝日杯FS専用ステップ)を13着に遠慮。

阪神JFと同じ事をするならばGⅡ連対馬を出走させず東スポ杯連対馬だけを出走させるはず。

つまり1・2着の反転と読みクラレントが覇者か???

皆さんのご健闘を祈ります!
阪神カップ2011年
2012年から夏番組に組み込まれる安田記念。

現在春番組で行われているレースが夏番組に移るという事は・・・春番組終了後にレースが移動するということ。

阪神カップはといえば2012年に有馬記念の翌日に移動する。

つまり今年で言えば秋番組の終了が有馬記念の日であるが、来年は9日目を追加し秋番組の終了後にレースが移動することであり安田記念と同じ立場のレースではなかろうか?

その安田記念レースを勝ったリアルインパクトが出走。

繋げてくるのではないかと考えているが・・・
朝日杯FS2011年 No.1
とりあえず組み分けをしておく。

アルフレード
ショウナンラムジ
ジョウノバッカス
スノードン
ダローネガ
ニンジャ
ハクサンムーン
ヒシワイルド
レオアクティブ
ローレルブレット


クラレント
サドンストーム
トウケイヘイロー
ネオヴァンクル
マイネルロブスト
マコトリヴァーサル

明日の枠順がどうなるのか?

福島開催が震災のため中山開催に変更になった。

そのために急遽始まったとも思えるJRA夏トク。

阪神JFと同じ事をしてくれることを期待して・・・
阪神JF2011年結果
ジョワドヴィーヴルが文句の言いようのない勝ち方を見せた阪神JF。

なぜ1戦1勝馬が勝ったのか?

2012年より[地]ステップレースが牝馬戦のみとなる。

そのような状況で阪神JFの勝ち馬はどのような戦歴がふさわしいだろうか?

例えば牝馬戦で負け知らずでステップ戦で勝ってきた馬・・・などを想像する。

ではその違いを見せるため今年はどうすればよいのか。

その辺がポイントであったと思う。

>牝馬戦で負け知らずでステップ戦で勝ってきた馬

反対の戦歴とは何だろう。

牡馬に勝ちステップ戦に出走していない馬ではなかろうか。

ただ牡馬に勝った馬は14頭もいるわけだしどれが勝つのか分からない・・・というところに一つフィルターをかけてみる。

牡馬と牝馬に違いはといえば、あるか?ないか?・・・いやいやそういうことではなく斤量に差があることが重要。

であるならば55Kの牡馬を2着に退け勝ってきた戦歴の馬を探すと③⑬⑭⑱のわずか4頭だけ。

ジョワドヴィーヴルの勝ったメイクデビュー(馬齢戦)は11月12日→京王杯2歳Sの施行日。
プレノタートの勝った500万(馬齢戦)は11月5日→ファンタジーSの施行日。

ステップ戦当日に別のレースに出走する事によりステップ戦にでなかったことを強調。

同枠に収まった2頭は同じ戦歴を持っていた。

③⑱の牡馬勝ち歴は別定戦。

レース前に読めるようになりたいものです(笑)
阪神JF2011年 No.3
GⅡ出走馬が排除されたのはファンタジーS創設以来2001年のみ。

その勝ち馬はタムロチェリー。

小倉2歳S1着→ファンタジーS敗退

この年阪神3歳牝馬Sから名称変更し阪神JFへと変化。

同じく小倉2歳Sも3歳Sから名称変更。

デイリー杯2歳S・京王杯2歳Sも名称変更したのだが排除された。

小倉2歳S(名称変更戦)>ファンタジーS(名称非変更戦)

今年の特徴は阪神JFが2歳限定GⅠにおいて初めてWIN5という新馬券が発売されるという点だろう。

であるならばタムロチェリーと同じくWIN5発売戦を勝ちWIN5非発売戦であるファンタジーSを負けてきたファインチョイスが良く見える。

ただラシンティランテもWIN5発売戦である白菊賞(牝馬戦)を勝ちWIN5非発売戦である札幌2歳Sを負けている馬でありタムロチェリーと同様の戦歴の馬である点は注目するべきだろう。

3枠6枠8枠で3連単を組んでみたい。

⑤-⑱-⑫ を本戦としてみたい。

ご健闘を祈ります。
阪神JF2011年 No.2
WIN5発売初戦という観点で。

WIN5対象レースの勝ち馬は3頭。

○エピセアローム 小倉2歳S1着
○ファインチョイス 函館2歳S1着
○ラシンティランテ 白菊賞1着

この馬達が入る枠は連対を外れないのではないか?

3歳限定戦でWIN5重賞勝ち馬がはじめて出走したのがダービー。

その勝ち馬はWIN5施行皐月賞馬であるオルフェーブル。

であるならばファインチョイスかエピセアロームか・・・

枠順はどうか?
阪神JF2011年 No.1
まずは昨年との変化などから。

○WIN5(新馬券発売)
○国際化2年目
○地震により福島開催→中山開催へ

あたりが目に付くところでしょうか。

また昨年のレーヴディソールのようにGⅡを勝った馬がいないというかGⅡへ出走した馬の登録が無いといったところも考慮しなくてはいけないところ。

また2012年にはかなりの変革がありアルテミスSの創設とそれに伴う[地]ステップレースの変更、地方GⅢの移動など。

その辺が影響するのかどうか?

国際化2年目→(指)化2年目・国際馬齢化2年目・牝馬戦化2年目

など考えてますが・・・
ジャパンカップダート2011年 結果
4コーナーを回った際一瞬やったかな?と(笑)

3連単の方は押さえが利いて馬券的な被害は無く終了。

ジャパン・オータム・インターナショナルの流れからトランセンドとエスポワールシチーが複勝馬となる事が分かっていましたので。

エリザベス女王杯 2着 アヴェンチュラ 秋華賞馬
            3着 アパパネ    秋華賞馬

マイルCS     1着 エイシンアポロン 朝日杯FS2着
           2着 フィフスペトル  朝日杯FS2着

ジャパンカップ  1着 ブエナビスタ    天皇賞秋1着
           2着 トーセンジョーダン 天皇賞秋1着

JCダート     1着 トランセンド JCダート1着 フェブラリーS1着
           3着 エスポワールシチー JCダート1着 フェブラリーS1着

想定としてトランセンドとエスポワールシチーが1・3着か2・3着。

間に何が来るか?といったところでした。

(外)牝馬が来れば・・・有馬記念も狙いやすかったのですが。

トランセンドは外れようが無かったですね。

阪神1800M JCダート覇者として初めて出走し連覇しました。

横の流れからもNo.2に書いたとおり連対は間違いない。

あとは着順の特定がばっちりとははまらなかったのはまずかったと。

さて、2歳GⅠはどうしたものか?
ジャパンカップダート2011年 No.4
今回は予想のみ。

1着馬はラヴェリータかミラクルレジェンド

2着にトランセンド

3着にエスポワールシチー

自信なし(笑)

トランセンドからヤマニンキングリーとテスタマッタも押さえ。

トランセンドとエスポワールシチーから数点3連単で。

以上です。
ジャパンカップダート2011年 No.3
2010みやこSがGⅢ戦として創設された。

GⅢみやこS 1800Mダート
GⅢ武蔵野S 1600Mダート

重賞レパードS 1800Mダート
ユニコーンS  1600Mダート

みやこSを勝ったトランセンドが武蔵野S覇者のグロリアスノアを2着に従えジャパンカップを勝った。

今年レパードSがGⅢへ昇格し3歳戦の覇者同士での決着かと思っていたのだが・・・

3歳馬は出走が無い・・・多分これは2012年にユニコーンSが夏番組に移動するまでの経過措置なのだろう。

であるならば今年はどのように決着させるべきか?
ジャパンカップダート2011年 No.2
南部杯MCSが東京競馬場で施行されたことにより何が起きたのか?

それは東京競馬場のレースだけが1日ずつずらされた事。

ではその迷惑をこうむったグレードレースの勝ち馬はどのような役割を負ったのだろうか?

府中牝馬S イタリアンレッド → エリザベス女王杯2同枠
富士S   エイシンアポロン → マイルCS1着
天皇賞秋  トーセンジョーダン→ ジャパンカップ2着

ジャパン・オータム・インターナショナルと銘打ったレース群において上記のような働きをしている。

南部杯MCS トランセンド → ジャパンカップダート???

トランセンドが何らかの影響を与えるのであろうか。


また、南部杯MCSは最後のJRA施行下でのJpnⅠレース(アクシデントがない限り)となる。

これは2年間で地方競馬のJpn→Gとする国際化の期限だと思うのだが・・・

国際化新世代である3歳馬を出走させないのはGよりもJpnの方向を向いているためではなかろうか?

であるならばトランセンドの着順は何着がふさわしいのか?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。