競馬番組表・鉄の掟(変化を読む競馬予想)
毎年変化を起こす競馬番組表を分析する事により勝ち馬がどのように選択されているかを見極める競馬予想。
競馬番組表・・・鉄の掟(有料版)

有料ブログ行っております。 現在は4週間に付き5000円です。 週4~5回ほど更新します。 競馬番組表・・・鉄の掟(有料版) http://racingrule.blog.fc2.com/ 興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。



リンク

メルマガ登録・解除
競馬番組表に浮かび上がるその1頭を狙い打て!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ



カテゴリー



カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



FC2カウンター



ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



最近の記事



月別アーカイブ



Amazonでお買い物 こちらから



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
1144位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
504位
アクセスランキングを見る>>



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都金杯2012年
2012年はさまざまな改正があり賞金減額も2連複も考えなくてはならないのだが・・・まだまだはっきりとした想定もできていないままレースになってしまった。

まぁとりあえず今のところ考えていることを。

賞金減額がポイントならば賞金減額戦を勝って来たショウリュウムーンが良く見える。

レーヴディーソールが回避したこともチューリップ賞勝ち馬を強調しているように思える。

また、昨年との違いを示すならば昨年1着同枠にいたサンディエゴシチーの戦歴から・・・

彼の戦歴に刻まれたJpnⅢ札幌2歳S1着歴。

最後のJpnⅢ歴を向かい入れた京都金杯。

であるならば昨年との違いを示す馬はショウリュウムーンの同枠であるサダムパテックではないだろうか?

最後のJpnⅢ札幌2歳S1800M→最初のGⅢ東京スポーツ杯2歳S1800M

ショウリュウムーンも最初のGⅢチューリップ賞勝ち馬であり同じ戦歴の馬を揃えている。

古馬GⅢ群は賞金減額を受けた。

2012年からは京都金杯と同賞金戦というグループに変更され距離も2000Mへと変更される。

GⅢ2000Mで賞金が同額という仕様はより中山金杯に近づき京都金杯とは違う方向へ向かうことを示す。

だからこそサダムパテックは鳴尾記念3着歴を持たされたのではないだろうか?

今年ゆえにGⅢ1800M賞金上位戦で賞金加算をぎりぎり遠慮したサダムパテックが魅力的に映る。

枠連で5枠から。

中山金杯はダイワファルコンのいる6枠から。

良い年になりますように。
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。