競馬番組表・鉄の掟(変化を読む競馬予想)
毎年変化を起こす競馬番組表を分析する事により勝ち馬がどのように選択されているかを見極める競馬予想。
競馬番組表・・・鉄の掟(有料版)

有料ブログ行っております。 現在は4週間に付き5000円です。 週4~5回ほど更新します。 競馬番組表・・・鉄の掟(有料版) http://racingrule.blog.fc2.com/ 興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。



リンク

メルマガ登録・解除
競馬番組表に浮かび上がるその1頭を狙い打て!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ



カテゴリー



カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



FC2カウンター



ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



最近の記事



月別アーカイブ



Amazonでお買い物 こちらから



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
1048位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
477位
アクセスランキングを見る>>



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェアリーS2012年 結果
う~ん、マイネルエポナを上げておきながら縦目で33120円の大型馬連万馬券を取り逃がしてしまった。

残念ではあるがその穴馬を上げた過程をおさらいしておく。

シンザン記念で1着になったのは牝馬であるジェンティルドンナ。

彼女は牝馬限定戦に出走することなく牡牝混合GⅢ戦を勝った。

同じ週に行われる同距離牝馬限定GⅢではその影響を考える事が的中馬券につながる早道であるはず。

ジェンティルドンナの個性を上げてみると・・・

① 牡牝混合戦だけに出走(牝馬限定戦に出走なし)
② 牝馬に負けていない
③ 牡馬に勝っている

牝馬限定戦のフェアリーSでは上記の反対の戦歴の馬が有望ではないだろうか?

①’牝馬限定戦だけに出走
②’牝馬に先着し勝っている
③’牡馬に負けている

①’に該当する馬はパストフォリアとルネッタアスールだけ。

しかしながらジェンティルドンナは54Kの牡馬とは走った事が無い馬。

であるならば牝馬限定戦出走は55Kの牡馬が出走する10月以降を見るべきでその観点からはトーセンベニザクラを追加するべきでここがポイントであったと思う。

②’と③’から導ける事は牝馬に勝ち牡馬には負けていることではなかろうか?

ここから導く馬はマイネエポナとラシンティランテ。

上記の馬達を選択したのだが・・・

2着となる馬はジェンティルドンナと同じく牡馬に勝っていて牝馬に負けていないタイプを選んでしまったので不的中。

まだまだ課題を残す結果となった。 
スポンサーサイト





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。