競馬番組表・鉄の掟(変化を読む競馬予想)
毎年変化を起こす競馬番組表を分析する事により勝ち馬がどのように選択されているかを見極める競馬予想。
競馬番組表・・・鉄の掟(有料版)

有料ブログ行っております。 現在は4週間に付き5000円です。 週4~5回ほど更新します。 競馬番組表・・・鉄の掟(有料版) http://racingrule.blog.fc2.com/ 興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。



リンク

メルマガ登録・解除
競馬番組表に浮かび上がるその1頭を狙い打て!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ



カテゴリー



カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -



FC2カウンター



ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



最近の記事



月別アーカイブ



Amazonでお買い物 こちらから



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
1338位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
666位
アクセスランキングを見る>>



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥生賞2012年
賞金が減額される初めての3歳限定GⅡとして行われる弥生賞。

ラジオNIKKEI賞覇者 アダムスピーク
京成杯覇者        ベストディール

前日に行われる減額戦チューリップ賞。

阪神JF覇者   ジョワドヴィーヴル
シンザン記念覇者 ジェンティルドンナ

2歳同距離グレード戦覇者と3歳同距離グレードレースの覇者を揃えてきた。

弥生賞とチューリップ賞に違いは???

弥生賞はWIN5発売レースでありチューリップ賞は非発売レースである。

しかしながらそこだけに焦点を当てても上記2レースに対し反転する等のつながりは見られない。

賞金減額戦としてみるならば弥生賞と京成杯がつながりチューリップ賞とシンザン記念がつながりを見せるのだろうが・・・

減額戦である変化とWIN5発売・非発売としての変化の両方を表現するのは難しいな。

であるならば弥生賞でWIN5発売を表現し、チューリップ賞では賞金減額を表現するのか?

まだまだ時間はあるのでじっくりと。
スポンサーサイト

中山記念・アーリントンC2012年結果
阪神の裏開催GⅡ1800Mでの鳴尾記念覇者の着順は・・・後ろから1着でした(泣)

まぁこのような決着もありですね。

阪神の開催で結果を残してきたレース群ですから反対側では・・・ね・・・

リアルインパクトを相手に挙げた理由は1枠にシルポートが配されたから。

逆枠で組んだのはシルポートの戦歴をリアルインパクトが譲り受けたのではないかと判断したのだが。

AJCC 1着 GⅡ (特指)
京都記念 1着 GⅡ [指]

という流れからここでは GⅡ(指)勝ち馬のシルポートを使う→逆枠同枠のリアルインパクト・・・


アーリントンCについて。

メイクデビュー2着 → 未勝利1着
500万特別2着  → 500万1着
GⅡ京王杯3着  → GⅢアーリントンC2着

賞金上位戦で負けて賞金下位戦で順位を上げてくる戦歴。

GⅢシンザン記念でこれを期待したのだが、シンザン記念とアーリントンCの違いを表現するためにシンザン記念で7着に敗退しアーリントンCでは2着に。

非WIN5である京王杯2歳Sで3着したならばWIN5を発売したシンザン記念ではなくアーリントンCで着順を上げてくるほうが筋であろう。

シンザン記念の際はここまで読めなかったからリベンジできて良かったかなと。


次はクラシックのトライアルですね・・・




中山記念2012年
(外)エイシンアポロンが回避した。

彼はマイルCSの覇者であるとともに富士Sの覇者でもある。

そして本日行われる阪急杯は2011年は富士Sと同じ低級グレード別定戦で行われていた。

阪急杯(低級別定)→(GⅡ別定)
オーシャンS(低級別定)→(GⅡ別定)
富士S(低級別定)→(低級別定)

鳴尾記念(賞金別定)→(GⅡ別定)

富士S覇者が出走許可されず・・・鳴尾記念の覇者は出走・・・しかも阪急杯の同日である。

最後の低級グレード別定3トリオから、最後のGⅡ別定変更前3トリオへ。

阪急杯1着(1400M)→阪神C1着(1400M)阪神
オーシャンS1着(1200M)→CBC賞(1200M)阪神
*高松宮記念降着(1200M)阪神

鳴尾記念1着(1800M)→中山記念??着(1800M)阪神競馬場同日

レッドデイヴィスから入りたい。

相手はリアルインパクト。

2頭軸で3連単も狙いたい。


アーリントンカップ2012年
GⅢ1600Mとしてシンザン記念がすでに行われている。

賞金減額戦としても同じだ。

だがこの2レースはWIN5発売か非発売かの違いがある。

シンザン記念ではWIN5を発売したのにアーリントンCでは発売しない。

そのあたりを表現するのではないだろうか?

または賞金減額を表現するのか?

あまり深くやっていないので少しだけ参加。

オリービンからダローネガ・ジャスタウェイ・ブライトライン・ネオヴァンクルあたりへ。
阪急杯2012年
2011年との違いは別定斤量。

GⅢで1キロ増加、GⅡで2キロ増加、GⅠで3キロ増加・・・が変更となり今年からGⅡ別定戦と条件が同じくなった。

阪急杯 
1キロ増 サンカルロ

中山記念 
2キロ増 エイシンアポロン リアルインパクト
1キロ増 シルポート トゥザグローリー

マイルのGⅠの覇者は1800Mの中山記念へ。

GⅡとGⅢという格の違いを表現するには良さそうな出走配置ではあるが?

どう考えたらいいものか?
フェブラリーS2012年 結果
レーティング上位6頭

1位 トランセンド      1着同枠
2位 ワンダーアキュート 3着
3位 エスポワールシチー 5着
4位 ダノンカモン      4着
5位 シルクフォーチュン  2着
6位 テスタマッタ     1着

先に上げておいたダノンカモンとシルクフォーチュンですが・・・シルクの方からでした。

昨年の記事でテスタマッタの事を書いたのだけれど今年の前振りだったんだと。

2011年のフェブラリーSで彼は17番目で出走できなかった。

もしもGⅠの収得賞金を加算できる今年と同じシステムならば昨年も出走していた。

その違いを表現するために今年出走しそして覇者へ。

私としては2着枠だと考えていたので残念な結果としか言いようが無い。

しかしながら【JRA競馬は条件を変化をさせそれを表現する】のではないかという私の命題に適合した答えであった事は大きな収穫だ。

① GⅠでの出走順位の変化→昨年出走できなかったテスタマッタ
② レーティング上位5頭優先出走→上位5頭の枠で1~5着枠を構成
③ レーティング優先出走で有利になる馬→ダノンカモン・シルクフォーチュン
④ GⅢ減額戦勝ち馬(ただ1頭だけ出走)→2着席へ

終わってみるとこんなところを表現したのだと。

レース前にこのあたりの思考が出来る蓉に訓練あるのみ。
フェブラリーステークス2012年 No.3
ウオッカがはじめて古馬のグレードレースを勝ったのが2008年の安田記念。

そのレースはレーティング上位5頭に優先出走を許可した初めての安田記念でもあった。

JpnⅠヴィクトリアマイル 2着 → GⅠ安田記念1着

翌年JpnⅠヴィクトリアマイルはGⅠへと変更される。

昨年なぜマイルCS南部杯を東京1600MでJpnⅠとして施行したのか?

JpnⅠ東京1600M2着(賞金下位)→GⅠ東京1600M1着(賞金上位)

このルートを再現するためだとしたら・・・

まぁ2008年の安田記念にはヴィクトリアマイルの覇者は出走していないしダノンカモンには海外出走歴が無い点も疑問ではあるが?

ダノンカモンの着順が定かではないがここから入る。

相手はフェブラリーSを勝ったことのある5枠と8枠。

押さえとしてWIN5重賞勝利歴のある馬へ。
フェブラリーS2012年 No.2
レーティング上位6頭

1位 トランセンド
2位 ワンダーアキュート
3位 エスポワールシチー
4位 ダノンカモン
5位 シルクフォーチュン
6位 テスタマッタ

賞金で考えてみる。

通算収得賞金+1年間の収得賞金+過去2年のGⅠ(JpnⅠ)収得賞金であるから・・・

1位 トランセンド
2位 エスポワールシチー
3位 グランプリボス
4位 ワンダーアキュート
5位 セイクリムズン
6位 ダノンカモン

計算が間違えなければという注釈付きで。

上記から考えるとダンノンカモンとシルクフォーチュンがレーティングで優遇されたように見えるが賞金であっても足きりは無い馬達。

しかしながらレーティング上位5頭を良く見てみると・・・

ワンダーアキュートを除いてマイルCS南部杯に出走していた馬が4頭。

この4頭がやはり中心となるのではなかろうか?


フェブラリーS2012年
たくさんの拍手および拍手コメントありがとうございました。

1・2着馬を特定でき3着馬もずばり。

なかなか1点で3連単を仕留めることは難しいので素直に嬉しいです。

さてフェブラリーSですが今考えていることを。

①レーティング上位5頭に優先出走権
②JPNⅠ南部杯MCSが東京で開催
③GⅠ東京大賞典がはじめて施行
④平安Sと根岸Sが賞金減額された

なぜなのか?

②と③は対極の施行。

たった1レースのJPNⅠをJRAで施行し、たった1レースのGⅠを地方競馬場で施行。

そして①や④の影響がどのように表現されるのか?

これからのGⅠに何を伝えるのか?

じっくり考察してみたいと思います。
共同通信杯2012年 No.2
ここまでの3歳牡牝混合GⅢ戦から・・・

シンザン記念 1着同枠 メイクデビュー1600M1着
京成杯    1着同枠 メイクデビュー2000M1着
きさらぎ賞  1着   メイクデビュー1800M1着

これは2歳東京スポーツ杯・朝日杯FS・ラジオNIKKEI賞2歳Sから継続している。

であるならばここでの1着枠はメイクデビューを1800Mで飾ったディープブリランテかゴールドシップであろう。

まぁそんなこと考えなくてもどちらかと考えるのが普通であるが(笑)

ではどちらが1着にふさわしいのだろうか?

来年の賞金変更から考えてみる。

2012年のGⅢで東京スポーツ杯とラジオNIKKEI賞2歳Sだけが賞金を据え置きされる。

11年東スポ杯・ラジオ(賞金据え置き)→12年3歳GⅢ(賞金減額)
12年東スポ杯・ラジオ(賞金据え置き)→13年3歳GⅢ(賞金据え置き)

この変化を今年と来年で示すのではなかろうか?

つまり13年の3歳GⅢでどちらかの重賞の勝ち馬が勝つのではと・・・

であるならば今年は2着にとどめる方が良いのではないか?

つまりディープブリランテは2着を目指していると考える。

別の観点から。

共同通信杯はきさらぎ賞と同じ距離で行われる。

ここからの分析。

きさらぎ賞ではWIN5施行レースである同距離の新潟2歳S2着馬とシンザン記念2着馬3着馬が出走してきた。

新潟2歳S2着→1着同枠
シンザン記念2着→10着
シンザン記念3着(1着同枠)→2着同枠

共同通信杯には非WIN5レースである同距離の札幌2歳S2着馬と東京スポーツ杯2歳Sの1着馬5着馬が出走してきた。

札幌2歳S2着→???着
東スポ杯5着→???着
東スポ杯1着→???着

シンザン記念3着馬が実は1着馬の同枠であったことを考えれば・・・

きさらぎ賞1着同枠 ジャスタウェイ
 新潟2歳S2着→東京スポーツ杯4着(2着同枠)*12年賞金据え置き

共同通信杯1着??? ゴールドシップ
 札幌2歳S2着→ラジオNIKKEI賞2歳S2着 *12年賞金据え置き

◎ゴールドシップ
○ディープブリランテ
△スピルバーグ *12年出走歴あり
共同通信杯2012年
先週行われたきさらぎ賞と同じく1800Mという距離で施行される。

ここも、きさらぎ賞と共同通信杯の違いを表現する馬が主役となるはずだ。

ではその違いとは?

目に付くのはきさらぎ賞での7枠・・・12年メイクデビュー勝ち馬とシンザン記念2着馬の存在だ。

この2頭は今年から減額されたメイクデビュー・GⅢというレースで賞金加算を果たした新体系における馬達である。

共同通信杯でもガッテンキャンバスが12年になってから未勝利を勝っているのだがこちらは賞金据え置き戦で去年と変わらないレース。

きさらぎ賞の結果は・・・
1着 若駒S2着(1月21日)
2着 福寿草特別4着(1月9日)

いずれも今年出走歴がある馬達が1・2着席に着いたわけだがこれが新しい戦歴を馬柱に乗せた結果ではなかっただろうか?

WIN5の否定を目的として同枠に組まれたワールドエースとジャスタウェイの着順を分けたものは12年の出走歴だったはず。

では新体系の馬を排除した共同通信杯では???
京都記念2012年
本年から京都記念の賞金が減額となりAJCCと同じ条件となった。

GⅡ グレード別定戦 2200M 国際 [指]

施行される競馬場だけが違っているのだが・・・

だからといってAJCCを連対した馬達が中山競馬場のグレードレースを勝ったのかといえばそんなことは無い。

ではこのレースの違いを表現するにはどうしたらよいのか?

AJCCに出走しなかった馬達が主役になるべきだと考える。

つまりWIN5施行グレードレースを勝った馬達の中から軸を選択すべきだと。

ダークシャドウ   GⅢエプソムC1着 GⅡ毎日王冠1着
トレイルブレイザー GⅡアルゼンチン共和国杯1着
ヒルノダムール   GⅠ天皇賞春1着

上記3頭のどの馬がキーを握っているのだろうか?
きさらぎ賞2012年
ワールドエースが若駒ステークス2着からここに出走。

これについて考えてみたい。

若駒ステークスは3歳オープンの競争である。

そしてWIN5の発売は無い。

そしてもうひとつのポイントは賞金が昨年と同じで減額されていない点である。

若駒ステークス→賞金は昨年同様・WIN5非発売戦

つまり減額戦でなくかつWIN5非発売戦で2着にとどめ賞金を加算したくなかった?

これの裏返しは減額戦でかつWIN5発売戦では賞金を加算したい・・・のではなかろうか?

同枠のジャスタウェイは前年賞金同額でWIN5発売戦である新潟2歳Sを2着で賞金を加算しWIN5非発売戦である東京スポーツ杯を4着(2着同枠)。

減額戦でないWIN5発売戦において2着ならば賞金維持戦においては1着枠を担うべきか。

マイネルロブストが朝日杯を2着から京成杯をも2着したことから迷うところだが・・・

シンザン記念 1着 7番 (父)ディープインパクト
京成杯    1着 8番 (父)ディープインパクト
きさらぎ賞  1着 9番 (父)ディープインパクト

ぞろ目を本線にレッドアーヴィングアルキメデスあたりを狙ってみる。


東京新聞杯はダノンシャークとサダムパテックを買ってみたい。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。