競馬番組表・鉄の掟(変化を読む競馬予想)
毎年変化を起こす競馬番組表を分析する事により勝ち馬がどのように選択されているかを見極める競馬予想。
競馬番組表・・・鉄の掟(有料版)

有料ブログ行っております。 現在は4週間に付き5000円です。 週4~5回ほど更新します。 競馬番組表・・・鉄の掟(有料版) http://racingrule.blog.fc2.com/ 興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。



リンク

メルマガ登録・解除
競馬番組表に浮かび上がるその1頭を狙い打て!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ



カテゴリー



カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



FC2カウンター



ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



最近の記事



月別アーカイブ



Amazonでお買い物 こちらから



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
1278位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
584位
アクセスランキングを見る>>



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産経大阪杯2012年
天皇賞春のステップレース。

阪神大賞典 4歳56K→4歳55K    
        5歳以上57K→56K

日経賞   4歳57K→55K 
        5歳以上57K→56K

産経大阪杯 4歳57K→56K 
        5歳以上57K→56K

昨年日経賞が4月に行われたことで4歳馬が背負う斤量が3レースとも違う変更となる。

5歳馬は3レースとも同じ変化を見せている。

というような事を考えてはいるのものなかなかここから展開できていない。

4歳馬が昨年より斤量的に有利になった日経賞ではウインバリアシオンが勝つように思えたのだがぞろ目の同枠。

2着馬であるが1着馬と同枠を構成しているんだよな・・・

1キロ有利のまま昨年と変わらない阪神大賞典では1・2着馬が4歳馬。

5歳以上馬と斤量差の無い産経大阪杯ではどうなるのか?


スポンサーサイト

高松宮記念2012年 結果
高松宮記念 サンカルロ 2着
毎日杯   マウントシャスタ 2着
日経賞   ウインバリアシオン 2着

見事に2着で揃えてみました(笑)

サンカルロが2着か・・・

スプリンターズSまでを総括したカレンチャンが2着でサンカルロが勝てば自分的には納得でしたが。


日経賞でウインバリアシオンを挙げておきましたがその理由は昨年のダービーにあります。

2011年のダービーは急遽、目黒記念を前日に施行しました。

2012年の高松宮記念は毎日杯を前日に施行し、日経賞も昨年の中山牝馬Sとの同日同競馬場開催から単独施行されていました。

ダービーの土日開催と高松宮記念の土日開催をつなげてくるのではなかろうか・・と。

また昨年は4歳馬が基礎斤量56Kであったのが今年は55Kで出走できました。

ダービー賞金加算+GⅡ勝ちの4歳馬=ウインバリアシオン

ということで軸に。


同じように2011年の安田記念も急遽ユニコーンSを前日に施行。

その安田記念に出走した2頭を高松宮記念の8枠に(サンカルロ・ジョーカプチーノ)

という事で8枠を軸に。


賞金減額グレード戦についての考えですが・・・

ヒストリカルが勝つということはGⅢ2着という戦歴が賞金減額戦を勝っていないことの強調しているんでしょうね。

マウントシャスタが減額戦を肯定→ヒストリカルは減額戦を否定

賞金減額グレード戦は2着も賞金減額されているので3着に控えた馬が減額戦を否定しているのではないかと考えたのですが、2着の方がいいのかな?

まだまだその辺は注意深く見ていかないといけませんね。
高松宮記念2012年 No.3
中京競馬場の馬場改修のため1年以上中京競馬場での賞金加算馬がいない状況。

2010年 旧中京競馬場
2011年 阪神競馬場施行
2012年 新中京競馬場

この3年間での違いを表現するのではなかろうか?

注目はサンカルロ。

阪神C→阪急杯→高松宮記念に3年間出走し続ける意味とは?

3年間出走し着順を変化させてくると見る。

4着→2着→???着

阪神競馬場施行高松宮記念2着→中京競馬場(ローカル)1着???

1年間での中京競馬場賞金加算馬がいないということは正常な決着結果とはならないのではないだろうか?であれば1200Mでの最終賞金加算馬よりも1400Mから来る馬の方を上位にとりたくなる。

レーティングの点から考えてもJCD→フェブラリーSで両レースRTで優先出走件を取得したトランセンドの同枠馬が1着であった。

対象馬はサンカルロ(最終賞金1400M)とカレンチャン(最終賞金加算1200M)。

8枠のぞろ目が本線。

賞金減額グレード戦勝ち馬が相手でもいいと思うのでロードカナロアとマジンプロスパーがその次。

サンカルロかジョーカプチーノか・・・この馬たちはNHKマイルで同枠入りし明暗を分けた馬・・・

さて、どうなるのか?

Nさん、コメントありがとうございます。上記のような自分の結論になりました。
毎日杯2012年
3歳賞金別定戦最後となるレースである毎日杯。

ここにはじめての戦歴馬が出走してきた。

マウントシャスタ。

本年度の変更点として賞金減額がテーマとしてあるのだが・・・

メイクデビュー→500万特別→GⅢ→GⅡ
未勝利→500万→オープン

上記の流れが賞金減額で下記が賞金維持戦。

マウントシャスタはメイクデビューから500万特別を勝利。

ここを勝ち青葉賞をクリアすれば・・・

まぁ調教師ではないので皐月賞に出走してしまうかもしれませんが(笑)

それよりここをクリアできないかもしれませんし。

相手は減額賞金レースで賞金加算をしなかったことを強調している馬。

アドマイヤブルーやスピルバーグのようなGⅢ京成杯で賞金を加算しない戦歴はマウントシャスタの正反対の戦歴として相手としてふさわしいのではないか?


日経賞はウインバリアシオンから入ってみたい。
高松宮記念2012年 No.2
オーシャンステークス覇者ワンカラットが出走回避し引退。

スプリンターズS以後の1200Mグレードレースを拾い出すと・・・

京阪杯→シルクロードS→オーシャンS

高松宮記念以後の1200Mグレードレースを拾い出すと・・・

CBC賞→函館SS→北九州記念→キーンランドC→セントウルS

CBC賞は2012年からサマースプリントに組み込まれ阪神から中京に舞い戻った。

サマースプリントだけでなくWIN5施行orWIN5非施行という分類でも対称的なレース群であるといえるだろう。

そのWIN5発売1200Mグレード戦を纏め上げ覇者に付いたのがカレンチャン。

折角グループ分けをしたのであるからここでは1着ではなく2着以下が希望なんですが・・・

では1着候補はといえば???

 
高松宮記念2012年
昨年中京競馬場の改修のため阪神競馬場で行われた高松宮記念。

この変更は震災の影響ではなく当初から決まっていたことである。

昨年との変更事項は・・・

①WIN5発売
②阪神競馬場→中京競馬場
③レーティング上位5頭の優先出走

①WIN5発売
阪急杯    WIN5発売
オーシャンS 非WIN5

②阪神競馬場→中京競馬場
これにより1年間に中京競馬場での賞金加算をした馬がいない状況へ

このあたりが特にポイントになってくるのではないかと考えているのだが・・・
スプリングS2012年結果
神戸新聞杯からもう少し深く考えるべきだった。

オルフェーブル→GⅡスプリングS1着
ウインバリアシオン→GⅡ青葉賞1着
フレールジャック→GⅢラジオNIKKEI1着

もう1頭いたGⅡ京都新聞杯勝ち馬は取消。

グランデッツァ→GⅢ札幌2歳S1着
ディープブリランテ→GⅢ東京スポーツ杯1着
マイネルロブスト→オープンクローバー賞1着

もう1頭いた新潟2歳S覇者であるモンストール。

昨年のスプリングSや青葉賞と違いWIN5発売戦。

私としてはWIN5発売戦の覇者アルフレードが切れなかった。

決着構造としても切り捨てたサトノギャラント(500万特別2歳勝ち)と同枠のディープブリランテとグランデッツアが手を組んだわけだから一応読みどおりではあったのだが・・・

トライアルで予想の結果が伴わないのでクラシックは余計難しいだろうな・・・
スプリングS2012年 No.2
WIN5をはじめて発売するスプリングS。

昨年はセントライト記念と神戸新聞杯がWIN5を発売している。

セントライト記念
1着 フェイトフルウォー 京成杯1着(賞金別定戦)
2着 トーセンラー    きさらぎ賞(賞金別定戦)

弥生賞
1着同枠 アーデント   いちょうS(賞金別定戦)
2着   トリップ    京都2歳S(賞金別定戦)

神戸新聞をスプリングSの教科書としてみたい。

1着 オルフェーブル ダービー1着(WIN5)
2着 ウインバリアシオン ダービー2着 青葉賞1着
3着 フレールジャック  ラジオNIKKEI1着

まず考えられることはWIN5を発売した朝日杯FSの1着馬と2着馬決着。

そしてウインバリアシアンの持つ青葉賞2400M1着歴(神戸新聞杯同距離)

ここからの選択は東京スポーツ杯1着馬と札幌2歳S1着馬。

一方トライアルからの狙いは・・・

弥生賞
1着 500万特別1着(3歳)
2着 OP京都2歳S1着

若葉S 
1着 OP若駒S2着 GⅢきさらぎ賞1着
2着 500万特別1着(3歳)

ここからは500万特別勝ち馬とOP連対馬あるいはオープンクラスでの賞金加算馬。

詳細は省くが牝馬路線の経過から500万特別を2歳で勝利した馬がふさわしく思える。

だとするならばアルフレードとサトノギャラントなのだがサトノギャラントは500万を勝つ前にオープンを2着してしまっている。

やはり軸はアルフレードで行く。

相手はマイネルロブスト。

押さえにディープブリランテと8枠2頭(3着候補としても)

スプリングSが賞金減額されてそこを無敗のアルフレードが勝っていいものかどうかが悩ましいが・・・

はじめはぞろ目を想定していたのだがアルフレードとマイネルロブストが再度ワンツーを決める形もいいかもしれないと考え本線。

弥生賞で外から11番目の馬が1着。若葉Sでも11番が1着。ここでも・・・

震災でもっとも被害を受けたスプリングS・・・3月11日を忘れないように心に刻み付けておきたい。
ファルコンS2012年
ファルコンSが1200M→1400Mへと変更になった。

フィリーズレビューが行われた際には・・・忘れていた・・・

GⅢファンタジーS1400M→GⅡFR1400M
GⅡ京王杯2歳S1400M→GⅢファルコンS1400M

1400Mグレード戦は牝馬路線ではファンタジーSとFRだけ。

そしてファルコンSが1400Mに変更されたため京王杯2歳SとファルコンSだけとなった。

アイムユアーズがファンタジーSとFRを連続勝利した。

であるならばレオアクティブのいる7枠が軸にならないものか?



若葉Sはワールドエース軸。

ぞろ目もあるかもしれないと・・・


スプリングS2012年
2011年はじめてのWIN5グレードレースであった皐月賞。

皐月賞は当然GⅠレースである。

そしてダービーへの優先出走権配布レースでもある。

WIN5皐月賞1着→WIN5ダービー1着
WIN5ダービー1着→WIN5神戸新聞杯1着
WIN5神戸新聞杯1着→WIN5菊花賞1着

これはオルフェーブル1頭が残した結果である。

優先出走権配布レース1着→GⅠ→優先出走権配布レース→GⅠ→・・・

2歳戦のWIN5施行グレードレースは・・・
函館2歳S(牝馬)
小倉2歳S(牝馬)
新潟2歳S モンストール
朝日FS  アルフレード

WIN5新潟2歳Sの覇者であるモンストールは朝日杯へは出走しなかった。

WIN5覇者が不在のGⅠレース。

だからこそ朝日杯FSではぞろ目であったのではなかろうか?

WIN5朝日杯FS1着→WIN5スプリングS1着???

もしもこのような結果となったとしても次に控える皐月賞はWIN52回目のレースであることを忘れてはならないであろう。
フィリーズレビュー2012年 結果
勝つことは無いと思っていたアイムユアーズがあっさり勝ち2着馬もノーマークであったビウイッチアス。

う~ん、予想としては最低。

しかしながら良く見直してみるとビウイッチアスの戦歴は素晴らしい。

この馬を2着にするためのフィリーズレビューであったのだと改めて確認できた。

こういう部分を見逃しているようではなかなか勝てないなぁ・・・

ここでそれを書けないが(次があるので)

それを踏まえて。

スプリングSでは・・・今のところ・・・

アルフレードが勝つと考えています。

枠順がどうなるのか?


フィリーズレビュー2012年 No.2
WIN5施行戦として行われるフィリーズレビュー。

現3歳牝馬でWIN5施行レースを勝った馬たちは・・・

函館2歳S③  ファインチョイス
小倉2歳S④  エピセアローム    チューリップ2着
白菊賞①    ラシンティランテ
阪神JF⑤   ジョワドヴィーヴル  チューリップ3着
シンザン記念⑤ ジェンティルドンナ  チューリップ4着

たった5頭の馬たちが桜花賞トライアルにすべて出走する意味とは?

先に行われた阪神JFでの結果は?

ラシンティランテ 阪神JF2着同枠
エピセアローム  阪神JF3着同枠
ファインチョイス 阪神JF11着

ここまでの(指)レースでの結果を元にすると・・・

賞金減額により弱い馬(戦歴的に)が勝っている。

アイムユアーズやファインチョイスは強い馬(戦歴的に)に分類されるはずでこの馬たちは2着や3着を支えることになると予測。

○ファインチョイス(アイムユアーズ)

◎レッドクラウディア・プレノタート・イチオクノホシ

アイムユアーズを2番手にするのはGⅢ1400MファンタジーSを勝ってしまっているわけで賞金減額戦のフィリーズレビューを勝つのにふさわしくないとの思いからだが???

さてどのような結果が待っているのか?


フィリーズレビュー2012年
昨年震災に見舞われて6日目開催であったこのレースを5日目(月曜日・祝日)に開催した。

それによって・・・

フィリーズレビュー 5日目(月曜日開催)
フローラS     1日目(土曜日開催)
ローズS      3日目(日曜日開催)

それが今年・・・

フィリーズレビュー 6日目(日曜日開催)
フローラS     2日目(日曜日開催)
ローズS      2日目(日曜日開催)

これはフローラSからWIN5を発売し、牝馬路線でGⅡ覇者が主役を果たすはずであったレース結果の路線変更を示した競馬番組表の意思であったのだろう。

その結果フローラSと入れ替わりWIN5初のグレードレースとなった皐月賞覇者が通った経路を見れば上記の仮定もうなずけるのではないだろうか?

さて昨年との変化は?

5日目(祝日開催)→6日目(日曜開催)
WIN5発売
賞金減額
12R→11R

といったところだろうか・・・

日曜開催に揃えWIN5発売という新馬券を導入→GⅠと同じ
賞金減額→GⅠと違う

このあたりがどのように扱われるのか?
弥生賞2012年結果
相手に上げておいた2枠3枠はしっかり仕事をしてくれたのに軸にとった7枠が・・・

少しずれてるなぁ・・・

結果としては納得できる。

アダムスピークが勝ってしまえばクラシック馬になったはずだから、勝つならばぞろ目でお茶を濁すのかと考えたのだが。

しかしながらある事を考えずに予想してしまった事は失敗であった。

京成杯馬ベストディールが回避した際にそこまで思い至らないといけなかった。

次はスプリングSでリベンジできればいい。

積み重ねたものを次のレースへ生かせれば・・・
弥生賞2012年 No.2
◎エピセアローム ○ジョワドヴィーヴル △ジェンティルドンナ

ひとつずつ順位が下がり・・・

ジョワドヴィーヴルは最初の考えどおり3着で良かったわけだ。

これで少し桜花賞も見えてきた。

さて弥生賞。

アダムスピークが2000M無敗馬としてここに出走。

1800M無敗馬として共同通信杯に出走したディープブリランテは2着席へ。

来週1600M無敗馬としてアルフレードは異距離である1800Mへの出走予定。

今年の流れからはクラレントが鍵を握っているものだと考えていたのだがアダムスピークと同枠へ。

果たしてこれがどのような結果を生むのか?

登録し回避した京成杯覇者サイレントディール。

この馬が出走すればアダムスピークより減額・WIN5発売というダブル変更に沿った馬であったろうに・・・

ということは主役を交代させたい事情があったから・・・ではなかろうか?

WIN5発売戦覇者が不在ということはより2歳戦に近い決着を行うはず。

GⅠ朝日杯FSのステップレースがWIN5を発売しないレースであることからもそう感じるのだが。

アダムスピークからクラレントのぞろ目を本線に2枠3枠へ流してみる。
チューリップ賞2012年 No.2
ジョワドヴィーヴルからと素直に言えればいいのですが・・・

この馬が2着ではないかと考え・・・

◎エピセアロームから入る。

ジェンティルドンナを3着に。

桜花賞を見据えてこのように組んでみる。

さてどうなるか?
チューリップ賞2012年
阪神JFの覇者であるジョワドヴィーヴルがチューリップ賞に出走する。

チューリップ賞ではこの馬の着順が今後のクラシックへ向けての指針になるのだろう。

① 1着
② 2着
③ 3着(優先出走権取得)
④ 4着以下

上記4通りがあるわけで・・・

WIN5施行という1面を考えると阪神JF(WIN5発売)を勝っているジョワドヴィーヴルがWIN5を発売しないチューリップ賞を勝つ理由が見当たらない。

また4着以下というのもメンバーを見渡すとなさそうな気がする(もっとも負けるときは負けるのだが)

チューリップ賞が減額されたレースという観点から見れば2着で賞金加算してもいいものかどうか迷うところ。


東京スポーツ杯2歳S1着→共同通信杯2着(WIN5発売)
新潟2歳S2着(WIN5発売)→アーリントンC1着
札幌2歳S2着→共同通信杯1着(WIN5発売)

今年示された上記の結果によれば・・・

非WIN5 1着 → WIN5 2着
WIN5 2着 → 非WIN5 1着
非WIN5 2着 → WIN5 1着

これまでは同じGⅢ同距離であったのだが今回はGⅠ→GⅢとなりどんな変化を起こすのか?






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。