競馬番組表・鉄の掟(変化を読む競馬予想)
毎年変化を起こす競馬番組表を分析する事により勝ち馬がどのように選択されているかを見極める競馬予想。
競馬番組表・・・鉄の掟(有料版)

有料ブログ行っております。 現在は4週間に付き5000円です。 週4~5回ほど更新します。 競馬番組表・・・鉄の掟(有料版) http://racingrule.blog.fc2.com/ 興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。



リンク

メルマガ登録・解除
競馬番組表に浮かび上がるその1頭を狙い打て!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ



カテゴリー



カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



FC2カウンター



ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



最近の記事



月別アーカイブ



Amazonでお買い物 こちらから



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
1205位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
558位
アクセスランキングを見る>>



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

根岸ステークス2013年 
昨年までと変化が起きGⅢ平安SではなくGⅡ東海Sが存在することになった。

その東海Sはグレープブランデーが勝った訳だが彼の戦歴にはJpnⅠジャパンダートダービー1着が刻まれていた。

本来GⅠ(JpnⅠ)を勝った馬はGⅡへ出走し本番へ出走するのではなかろうか?

であるならば根岸Sへ出走するタイセイレジェンドやテスタマッタのここでの仕事とはなんだろうか。

その辺の変化を表現するための出走だと思いたい。

注目していたガンジス。

彼はWIN5発売の武蔵野Sで2着でありWIN5発売のベルセウスSを勝っている。

同枠のストローハット。

WIN5を発売しないGⅢ(ユニコーンS)を勝ちWIN5発売のGⅢは勝っていない。

つまりWIN5を発売するGⅢで1着にならないという個性を強調している。

ここから入りたい。

相手はGⅠで1着を刻みここを負けるために???出走してきた2枠と6枠。

4枠とぞろ目は押さえで。

3連単も狙ってみたい。
スポンサーサイト

京成杯2013年 続行競馬
1 01 リグヴェーダ     
2 02 ノウレッジ
3 03 フラムドグロワール
4 04 ケイアイチョウサン
5 05 アクションスター
6 06 クロスボウ
6 07 マイネルマエストラ
7 08 ホワイトリーフ
7 09 マイネルストラーノ
8 10 フェイムゲーム
8 11 ラウンドワールド

1 01 フラムドグロワール
2 02 ワールドレーヴ
3 03 マイネルストラーノ
4 04 ワンダーロード
5 05(外)アポロソニック
5 06 フェイムゲーム
6 07 ケイアイチョウサン
6 08 クロスボウ
7 09 ノウレッジ
7 10 ホワイトリーフ
8 11 アクションスター
8 12 マイネルマエストラ

想定どおりAJCCはゲシュタルトの同枠トランスワープが2着(相手本線にできなかったことは悔やまれるが・・・)

そして東海ステークスでも5枠のナムラタイタンが2着席に着いた(こちらは同枠の万馬券を狙い少しだけ的中)。

京成杯では内側(2枠3枠4枠)に集まった。

直接連対するのかは疑問だが・・・

当初勝つと予想していたリグヴェーダが回避しそこに2着と予想したフラムドグロワールが入っている。

11頭から12頭へ変化しているから最内(外から数えれば)と最外(内から数えれば)の馬番は本来存在しない。

夏番組で賞金加算をしてきた馬は他にはノウレッジだけになったのでやはりフラムドグロワールを軸にしたい。

相手の本線はフェイムゲーム。

ここも本来2頭枠でなかったのだが12頭になった事で出来上がった枠。

その他はノウレッジ・・・本来ならば組み合わせないのだが続行競馬ということで。

あとはわざわざ2回目の長距離移動してきた関西馬である8枠2頭あたりを。
アメリカジョキークラブカップ2013年
ここ3年間、有馬記念出走馬が勝っているAJCC。

しかしながら2012年の有馬記念は8日目でありながら最終日のレースではなくなった。

そして有馬記念組はルルーシュのみの出走。

なぜ有馬記念で同枠だったナカヤマナイトは回避させられたのだろうか?

構造的に考えれば暮れに金鯱賞が移動しこのルートを通った馬が初出走。

ルーラーシップは春に行われた金鯱賞を勝ち有馬記念を経てAJCCの覇者に。

その秋の金鯱賞出走馬が並んで3枠と4枠に据えられている。

中山金杯の代わりをこれから金鯱賞が果たすとするのならば。

ダノンバラードかアドマイヤラクティか・・・

別の観点から。

積雪により続行競馬になり明日も競馬が行われる。

土曜日行われた京都牝馬ステークスでは予定通りハナズゴールが勝った。

予定通りというのは私の中だけだが(笑)

もしも予定通りいくとすればAJCCではサトノアポロかゲシュタルトが連対枠に入るはずだが?

以上から・・・

サトノアポロとダノンバラードそれにルルーシュをボックスで。
京成杯2013年
シンザン記念・フェアリーステークスが終わりその辺の分析から。

シンザン記念 夏番組賞金加算+秋番組賞金加算 2頭→1着4着
フェアリーS 夏番組賞金加算+秋番組賞金加算 1頭→3着
京成杯    夏番組賞金加算+秋番組賞金加算 1頭→2着???

このように決まるときれいだ。

夏番組賞金加算馬はシンザン記念では1着に使われ、フェアリーSでは2着同枠。

京成杯における夏番組賞金加算馬はノウレッジ、フラムドグロワール、ラウンドワールド。

上記よりフラムドグロワールを軸にするので相手は秋番組賞金加算組から選択したい。

リグヴェータ、フェイムゲーム、マイネルストラーノ。

今まで行われたことの無い日に施行されるので今まで勝った事が無い戦歴が良いと思うのだが・・・

1戦1勝リグヴェータを勝ち馬最有力候補としたい。

3枠から1枠7枠8枠。

3連単も上記枠の馬の組み合わせで。
日経新春杯2013年
Nさん、おめでとうございます!素晴らしいです。

さて日経新春杯ですが3日間開催となり同時開催であった京成杯と別の日に。

また有馬記念組が出走しない。

有馬記念と同じ2500MのGⅡであるアルゼンチン共和国杯2着のムスカテールと目黒記念の2着(アルゼンチン共和国杯2同枠)トウカイパラダイスのどちらかの枠からいってみたい。

2008年に有馬記念組が不在であった際1着の同枠に配されたのがアルゼンチン共和国杯の覇者。

相手はカルドブレッサ、オールザットジャズ、2枠の2頭あたりかな?

お遊び程度で。
フェアリーステークス2013年
シンザン記念からの継続で夏番組と秋番組で賞金加算をした唯一の馬であるサンブルエミューズ。

エーシントップと同じく阪神JF(朝日杯FS)で2番人気8着という共通点。

この馬が軸になるのならばどの馬と争っているのか?

そのような存在がなければ彼女には出番はないはず。

サンブルエミューズの戦歴的な特徴として朝日杯FSへの登録歴があげられるだろう。

朝日杯FS登録(回避)→阪神JF出走

なぜ朝日杯FSに登録したのか?

それはこの戦歴と争わせるためではなかろうか?

阪神JF登録(回避)→全日本2歳優駿出走

7枠が軸だとすれば相手は・・・

サンブルエミューズが朝日杯FSに登録していたことや牡牝混合戦だけ秋番組で勝っていることから、秋番組で牝馬戦で勝っている馬のいる枠を狙ってみたい。

3、4、6、8枠に牝馬戦を勝っている馬がいるが・・・スズノネイロとイリュミナンス、ウキヨノカゼを買ってみたい。




シンザン記念2013年 結果
3連複だけ的中したのだが・・・考察的には失敗。

結果から分析して見る。

1着 エーシントップ 4着 カオスモス

上記の2頭が1着を争っていたと思える。

重要な部分は・・・メイクデビュー54K1着(夏番組) 55K1着(秋番組)

2012年は夏番組と秋番組がセパレートされた(以前は札幌2歳Sなどが秋番組と平行して施行されていた)。

メイクデビュー勝ち馬が1着席というのは予想どうりだが、今年は夏・秋賞金加算が問われていたようだ。

相手となる2着席にはヘミングウェイ。(9番人気を挙げられたのは良かったが・・・)

補助馬としてタマモベストプレイ。

ヘミングウェイ メイクデビュー54K2着(夏番組) 55K1着(秋番組)
ザラストロ  未勝利54K1着(夏番組) 新潟2歳S54K1着(夏番組)

タマモベストプレイ メイクデビュー55K1着(秋番組) 55K1着(秋番組)
ネオウィズダム   メイクデビュー54K2着(夏番組) 未勝利54K1着(秋番組) 55K1着(秋番組)

2着枠と3着枠で共通する戦歴は夏か秋番組だけで収得賞金を加算してきた事を強調している事。

ザラストは夏だけ2勝し、ヘミングウェイは夏は2着に留め秋だけ賞金加算。

タマモは秋だけ2勝し、ネオウィズダムは夏は2着に留め秋だけ賞金加算。

テーマが違っていたということだろう。

フェアリーSにはサンブルエミューズ、京成杯にはフロムドグロワールが登録しているが馬齢戦を別定戦にした状態。

さてどのような決着を見せてくれるのか?
シンザン記念2013年 No.2
2012年の2歳戦の多くで賞金減額が行われた。

賞金維持 メイクデビュー 未勝利 500万 GⅢ東スポ杯 ラジオNIKKEI GⅠ朝日杯 阪神JF
賞金減額 500万特別 オープン 上記以外のGⅢ GⅡ

そして500万特別でも秋明菊賞とからまつ賞は2011年同距離の500万戦から特別戦へと昇格した。

つまりこの2レースだけが賞金をアップさせているレースでもある。

その2頭が同枠に収まっている。
今年のシンザン記念のテーマが2歳戦の賞金増減を問われているのならば主役は3枠となるのではなかろうか?

それは初めて第1節目で行われるシンザン記念において初めてのレースから勝ち馬を出すと考えてみれば自然の流れであろう。

3枠が賞金増額を表現する枠だとすればその対岸を構成する枠は賞金減額戦勝ち馬の枠。

1枠エーシントップ 6枠ザラスト 7枠カオスモス 8枠アットウィル

ここで3歳GⅢ戦で第1節目の2日に移行したレースを探してみる。

2012年に行われたレースで夏番組に移行したためユニコーンSだけが第1節目の2日に移行したレースである。

前回書いたポイントのレースとはこのユニコーンS。

1着 ストローハット  未勝利1800M芝1着   500万1800Mダート1着
2着 オースミイチバン 未勝利1800Mダート1着 500万1800Mダート1着 JpnⅡ兵庫チャンピオン1着

ダート1600MのユニコーンSに対して1800M戦を勝ち上がってきた2頭を起用。

であるならば・・・

1着 タマモベストプレイ メイクデビュー1400M1着 500万特別1400M1着
2着 エーシントップ   メイクデビュー1400M1着 OP1400M1着  GⅡ京王杯2歳S1着

芝1600Mのシンザン記念に対して1400M戦を勝ち上がってきた2頭を起用???

ダートと芝の反転や増量を考慮すれば上記の決着がきれいに見える。

増量枠であれば6枠の可能性もありか?

3着候補として賞金減額戦勝ち馬枠からカオスモス、ヘミングウェイ。あとはタマモの同枠であるネオウィズダムあたりを。

皆様のご健闘を祈ります。
シンザン記念2013年
本年の3歳GⅢは別定条件が変更となっている。

収得賞金2000万で1キロ増加していた斤量が収得賞金1800万で1キロ増加となった。

そして2歳のレースの多くで賞金減額がありそれを受ける3歳戦となる。

しかしながらこれはすべてのGⅢ賞金別定戦で起こっている事柄。

シンザン記念だけに生じた変更は第2節目施行から第1節目施行になったこと。

ここが一番のポイントではなかろうか?

同じ2日目の日曜開催ながら第1節目施行へ・・・

昨年のジェンティルドンナとは違う戦歴を持った馬から選択したい。

まずはメイクデビュー勝ちのある馬。

エーシントップ   54K1着 55K1着
タマモベストプレイ 55K1着 
アグネスキズナ   52K1着
カオスモス     54K1着 55K1着
アットウィル    54K1着

この中に覇者はいるのか?
2013年 新春
昨年の女傑ジェンティルドンナの快進撃は桜花賞の1着から始まった。

なぜここから彼女の連勝が始まるのか?

それは4月7日に福島競馬場再開記念が行われその翌日のGⅠが桜花賞であったからだ。

その証拠に4月7日と8日の福島競馬場はフリーパスとなっているのだが4月8日当日のメインレースは桜花賞となっている。

つまり桜花賞だけがフリーパス当日の競馬場以外でのメインレースとして設定されていたのだ。

桜花賞からオークス、ローズS、秋華賞、そしてジャパンカップ。

見事5連勝を飾り牡馬3冠馬であるオルフェーブルを審議の結果やぶって見せた。

4月7日8日福島競馬場フリーパス(桜花賞) → 11月18日福島競馬場フリーパス(福島記念)

競馬番組上での福島競馬場の復興は上記の期間で完成したのだ。

その完成を示すために翌週のジャパンカップで終了の合図であるぞろ目を出す。

ジャパンカップでジェンティルドンナの相手を務めたオルフェーブル。

皐月賞からダービー、神戸新聞杯、菊花賞、そして有馬記念をぶち抜いた。

これは震災のために壊された競馬番組表を1頭の馬に任せた姿であろう。

2頭の3冠馬に2年間を任せてジャパンカップで終了の合図を出し・・・その2頭を有馬記念から排除した。

果たして2頭の3冠馬に残された仕事はあるのだろうか・・・


昨年は新しい試みに参加していただきました方、本当に有難うございました。

またこのブログをご覧下さる方・・・すべてに幸せが訪れますように祈っております。

今年もよろしくお願いします。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。