競馬番組表・鉄の掟(変化を読む競馬予想)
毎年変化を起こす競馬番組表を分析する事により勝ち馬がどのように選択されているかを見極める競馬予想。
競馬番組表・・・鉄の掟(有料版)

有料ブログ行っております。 現在は4週間に付き5000円です。 週4~5回ほど更新します。 競馬番組表・・・鉄の掟(有料版) http://racingrule.blog.fc2.com/ 興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。



リンク

メルマガ登録・解除
競馬番組表に浮かび上がるその1頭を狙い打て!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ



カテゴリー



カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



FC2カウンター



ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



最近の記事



月別アーカイブ



Amazonでお買い物 こちらから



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
1013位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
467位
アクセスランキングを見る>>



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダービー2014年
いよいよ3歳馬の総決算である日本ダービーが6月1日に施行される。

単勝1.3倍の断然の1番人気ハープスターであっても1着席に着けない競馬番組表のルールがそこにはある。

1着にはなれないが3着以下も無い・・・

ダービーの攻略は2歳から3歳へと行われてきたGⅠ戦を分析すればその糸口が見えてくるはず。

その部分にいち早く気づけた者のみが終盤のGⅠオークスやダービーにおいて大きな戦果を手にすることが出来る。

今年のテーマは・・・・・

日本ダービーの枠順発表は5月29日。

あの馬達が誰と組むのか?

早く教えてもらいたいものだ。

枠順が出てからまた悩むだろうが、その時間が楽しい時間でもある。

スポンサーサイト

オークス2014年 No.2
まさに1強状態ですね。

ハープスター以外の単勝オッズは現在10倍以上です。

秋季から2歳戦に大変革が行われるとすれば最後となる阪神JFからそれを繋ぐ馬が出現しても不思議ではない。

しかしこんな状態だと逆に疑ってかかってしまう悪い癖が(笑)

桜花賞2着馬が出走回避。

レッドリヴェールと再びのワンツーは出来ない。

取消も除外もまだ発表されていない。

ぞろ目ならばハープスターは勝つだろうけれど・・・どうだろうか・・・

とりあえず馬券は2着付けの馬単で購入するつもり。

ハープスターが桜花賞のようにごぼう抜きで1着・・・というのも見てみたいがそれだと今までの自分の否定になってしまうからなぁ。

全馬が無事にゴールできる事を祈っています。






オークス2014年
2013年にダービー80周年記念を施行しキズナを生み出した翌年。

今年はJRA60周年記念レースとして皐月賞と菊花賞に副題が付いて施行される。

別にそんなことには興味が無いといえばそれまでだが・・・

なぜ50周年記念の時には菊花賞だけJRA50周年記念の副題が付いたのだろうか?

今年と違うのはなぜなのか?

だからアジアエクスプレスを皐月賞に出走させたでしょ・・・

そしてオークスにも・・・

枠順の発表を待ちたいと思います。
ヴィクトリアマイル2014年結果
アユサンが登録したのに出走回避しある状況へ。

これにより今までと違った何かをやる・・・としてホエールキャプチャが6歳馬として連対するかヴィルシーナが勝つ!!と。

相手もエリザベス女王杯連対馬で・・・ただしラキシスを上に見たので的中は押さえの押さえ。

まぁ10番人気が勝ち馬単が 28050円 も付いたので良いでしょう。

天皇賞春と同じく連覇でした。

天皇賞春の敗戦がショックでしたから・・・リベンジ成功。

今年の古馬GⅠ戦ではある戦歴が4戦とも使われました。

これが安田記念や宝塚記念につながるのか?

つながって欲しいものです(笑)

さて、有料ブログの方ですがオークスから4週間で会員を募集しております。

継続の方は今までどおりの金額で閲覧できます。

新規の方はメールでご連絡下さい。

以上よろしくお願いします。
ヴィクトリアマイル2014年
どうも前年のながれから気になっていることがあり有料記事を追加しました。

時間が無い状態での更新で申し訳ありませんが記事を読める方はご覧下さい。

アユサンの回避がどのような決着性を表現するのか?

初めてですから何か今までと違った結果を表現すると思うのですが・・・

どうなるでしょうか?
天皇賞春2014年結果
◎キズナ
○フェノーメノ

で勝負したがキズナのあの部分がやはり認めてはもらえず敗退。

フェノーメノにはゼンノロブロイ(天皇賞春2着 天皇賞秋1着 天皇賞秋2着)を期待したのだが連覇という形。

彼の連覇が読めなかった。

ウインバリアシオンには1着席はないと判断したのでフェノーメノとウインバリアシオンの組み合わせも買えなかった。

枠で言えばレーティング優先出走権+ステップレース1着の3頭のいる枠での1・2着。

軸が違う・・・

残念ながらまた1年やり直しです。


天皇賞春2014年 No.3
古馬GⅠに優先出走権を付与する事になった2014年。

すでにフェブラリーステークスと高松宮記念が施行された。

しかしその2レースとは明らかに違う状況。

それはステップレースの勝ち馬3頭がすべてレーティング上位5頭でありすでに優先出走権を確定していた馬であったということ。

優先出走権利2枚持ちの馬が3頭!!

勝ち馬はその中にいるのではないか?

さてもう始まります!
青葉賞2014年
青葉賞は皐月賞の出走馬も無く登録馬もなし。

弥生賞が3月9日でスプリングSが3月23日。

ワールドインパクトは3月2日にすみれ賞に出走後3月29日に梅花賞で勝ち上がる。

彼は皐月賞トライアルの前週と終わった後の週に出走し連対。

皐月賞トライアルに出走しない意思を強く見せている。

彼の着順は?

ワールドインパクトを軸に流してみたい。

相手は・・・
天皇賞春2014年 NO.2
1992年の天皇賞春。

トウカイテイオーとメジロマックイーンが争ったレース。

トウカイテイオーは14番に座りメジロマックイーンは4枠であった。

そして今年キズナが14番でゴールドシップとフェノーメノが4枠。

出来すぎ感もあるがこれがJRA競馬の真実であろう。

1991年のトウカイテイオーが勝った皐月賞をじっくり吟味してみれば同じ要素が浮かび上がる。

そしてこのレースを勝つことになるのは・・・・・・ではないだろうか?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。