競馬番組表・鉄の掟(変化を読む競馬予想)
毎年変化を起こす競馬番組表を分析する事により勝ち馬がどのように選択されているかを見極める競馬予想。
競馬番組表・・・鉄の掟(有料版)

有料ブログ行っております。 現在は4週間に付き5000円です。 週4~5回ほど更新します。 競馬番組表・・・鉄の掟(有料版) http://racingrule.blog.fc2.com/ 興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。



リンク

メルマガ登録・解除
競馬番組表に浮かび上がるその1頭を狙い打て!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ



カテゴリー



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



FC2カウンター



ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



最近の記事



月別アーカイブ



Amazonでお買い物 こちらから



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
1455位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
671位
アクセスランキングを見る>>



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラジオNIKKEI賞2010年
2006年3歳の重賞としてはじめてハンデ戦となったこのレース。

その覇者はタマモサポート。

彼の戦歴において重要だと思われるのは・・・

GⅡスプリングS1800M4着→GⅡ青葉賞2400M7着

ではないだろうか?

ハンデ戦とはハンデをつけて弱きものにもチャンスを与えるレースであり救済がひとつの目的であると思われる。

上記のタマモサポートはスプリングSに出走し皐月賞というGⅠに出走したかったが叶わず、青葉賞に出走し権利を取得しダービーに出走したかったがその夢は叶わなかった馬。

つまり前哨戦を盛り上げてGⅠレースへ出走できなかった馬のご褒美が目的だと考える。

2007年にそのような馬はいただろうか?

1着同枠 ショウワモダン GⅡスプリングS4着→GⅡNZT8着

皐月賞を断念した彼はNHKマイルCを目指したが出走できなかった。その彼がロックドゥカンプと1着同枠を構成するのが枠という概念を持つ日本の競馬。

2008年はどうであったか?

1着 レオマイスター GⅡNZT5着→オープン葵S6着

NZTはNHKマイルCのトライアルであり葵Sは安田記念への[地]ステップレース。その両レースに負けてきたレオマイスターにご褒美が与えられた。

そして昨年Jpn表記はGへと変更され上記の戦歴馬を待つが・・・

そのような馬の出走はなくぞろ目決着となる。

4年間を簡単に振り返ってみた。

さて問題は今年である。

前哨戦のレースを負けてGⅠに出走できなかった馬は2頭。

コスモヘレノスとアロマカフェ。

この2頭のどちらかが勝つ競馬が用意されているのか?

私は賞金減額がこの2頭を拒否するように思えるのだが・・・

最初に戻り【前哨戦を盛り上げてGⅠレースへ出走できなかった馬のご褒美】とするならば本年度優先出走権の権利を剥奪されたプリンシパルS2着馬クォークスターから入ってみたい。

みなさまのご検討をお祈りします。


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shuukyuu5.blog76.fc2.com/tb.php/505-222ce3e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。