競馬番組表・鉄の掟(変化を読む競馬予想)
毎年変化を起こす競馬番組表を分析する事により勝ち馬がどのように選択されているかを見極める競馬予想。
競馬番組表・・・鉄の掟(有料版)

有料ブログ行っております。 現在は4週間に付き5000円です。 週4~5回ほど更新します。 競馬番組表・・・鉄の掟(有料版) http://racingrule.blog.fc2.com/ 興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。



リンク

メルマガ登録・解除
競馬番組表に浮かび上がるその1頭を狙い打て!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ



カテゴリー



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



FC2カウンター



ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



最近の記事



月別アーカイブ



Amazonでお買い物 こちらから



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
1338位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
666位
アクセスランキングを見る>>



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都金杯2011年 No.2
さて、古馬GⅢが賞金減額を起こしたのは2005年のこと。

それにより7レースだけが賞金を維持され他のレースは軒並み賞金が減額された。

ではそのレース群ではどのようなことが起きたのか?

2005年の中山金杯・京都金杯は減額GⅢを受けるレースではないので2006年を見てみる。

2006年京都金杯 1着 ビッグプラネット アーリントンカップ1着
2006年中山金杯 1着同枠 コンラッド ラジオ短波杯1着

いずれも4歳馬で3歳グレードレース勝ち馬が1着枠に収まっている。

そして減額GⅢ覇者はすべて連対枠からはじかれている。

まあ、金杯だけに起きた出来事かどうかはそれぞれ調べていただければお分かりになると思うのだが、20011年の京都金杯にも同じことが起きるのではないかと私は考えている。

では2006年と同じく3歳グレードレース勝ち馬を起用するのだろうか?

いやそこにも答えはないのではないか?

ネオヴァンドームやガルボなどの3歳G勝ち馬達もまた一連の減額戦覇者であることに変わりないからだ。

減額されていないことが京都金杯のステータスなのだから3歳G勝ち馬を起用してしまうことには疑問が残る。 

つまり・・・

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://shuukyuu5.blog76.fc2.com/tb.php/565-2648e84e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。