エリザベス女王杯2011年No.3

完全国際の象徴レーヴディソールが出走してくるエリザベス女王杯。

時代から考えれば地方馬完全開放年度である1996年の天皇賞秋に行き着く。

1995年 1着 サクラチトセオー 同枠 ゴーゴーゼット
      2着 ジェニュイン   同枠 マイシンザン(取り消し)

1996年 1着 バブルガムフェロー 同枠 ゴーゴーゼット
      2着 マヤノトップガン  同枠 ユウセンショウ

2010年 1着 [外]スノーフェアリー 同枠 アパパネ
      2着 メイショウベルーガ 同枠 ヒカルアラマンサス

[地]馬開放を天皇賞秋で表現し[外]馬開放をエリザベス女王杯で表現する。

1995年と2010年を取り消し戦にしたのもスイッチを入れたためだろう。

上記から考察するに地方馬クラシック開放年の1995年に開放1年目のジェニュインが2着席へ。取り消しを考えると1着の同枠になる。

それは海外馬開放年である2010年に開放1年目のアパパネが1着同枠としてスノーフェアリーを支えたことと同じではないか?

であるならば今年も同じことをする可能性は高い。

バブルガムフェローとレーヴディソールが同じ馬に見えそうなものだが・・・

であるならばなぜ府中牝馬Sへ臨み古馬に負けることを選択しなかったのか?

その辺に疑問が残る戦歴。

私としてはゴーゴーゼットが残した痕跡を重視したい。

1995年 1着同枠   → 1996年 1着同枠
2010年 1着OR同枠 → 2011年 1着OR同枠

[外]スノーフェアリーの連覇 OR アパパネの枠が1着

その当時[地]馬は出走していなかった。

2010年は[外]馬が出走し1着席へ。

JRA初の[外]馬スノーフェアリーの連覇で完全国際化を表現すると読む。

相手は2・3歳限定レース連対馬か。

コメントの投稿

非公開コメント

競馬番組・・・鉄の掟(有料版)
有料ブログ行っております。 現在は4週間に付き4000円です。 週4~5回ほど更新します。 競馬番組・・・鉄の掟(有料版) http://racingrule.blog.fc2.com/ 興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。
リンク
カテゴリー
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
Amazonでお買い物 こちらから
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
434位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
203位
アクセスランキングを見る>>