エプソムC2013年

安田記念もダービーに続き的中できた(ただし枠連だが・・・)

1番人気の単勝だけの的中ではないのでまぁ良しとしたい。

さて、2012年エプソムCは夏番組に組み込まれた。

そこを征したのは4歳馬トーセンレーヴであり2着が同じ4歳馬のダノンシャーク。

1着 トーセンレーヴ 2025万(収得賞金)*グレード戦連対なし
2着 ダノンシャーク 2015万(収得賞金)*グレード戦2着歴あり

夏番組になると4歳馬は収得賞金が半額に減額されるのだが、両馬とも半額にされなければ基礎収得賞金である3000万をクリアしていた。

つまり夏番組に移行したからこそ唯一賞金が変化する4歳馬が主役になったのだと考える。

今年出走の4歳馬の収得賞金を見てみると・・・

サンレイレーザー 1690万 マイラーズC2着
クラレント    3050万 富士S1着 東京新聞杯1着
ファイナルフォーム 1750万 ラジオNIKKEI賞1着
ジャスタウェイ  2050万 アーリントンC1着 毎日王冠2着

昨年と同じであるならばグレードレースを勝っていない夏番組前に収得賞金3000万到達馬であるサンレイレーザーなのだが?

ダノンシャークによく似ている馬ではあるがこの馬ではないと思っている。

それは昨年彼が2着したマイラーズCは今年賞金減額戦ではないからである。

サンレイレーザー  マイラーズC2着
ダノンシャーク   マイラーズC2着(賞金減額)京都金杯2着(賞金減額)

今年だけの存在である馬を狙いたい。

トーセンレーヴ OPアイルランドT1着(賞金維持線)→OP洛陽S1着(賞金減額)
クラレント  GⅢ富士S1着(賞金減額戦)→GⅢ東京新聞杯1着(賞金維持戦)

4050万(基礎賞金に到達)→2025万(基礎賞金に到達せず) 
6100万(5000万に到達、+1キロ)→3050万(基礎賞金に到達)

3000万の基礎賞金2000万毎1キロ増という規定に照らし合わせれば夏番組に移行したことにより基礎賞金に達しなかったトーセンレーヴと、1キロ増加されなかったクラレントがオープンとGⅢの賞金減額・賞金維持戦を二つ持つことで昨年と今年の違いを表現することができるのではなかろうか。

クラレントを軸に狙いたい。

相手はリルダヴァルとアドマイヤタイシあたりを。

コメントの投稿

非公開コメント

競馬番組・・・鉄の掟(有料版)
有料ブログ行っております。 現在は4週間に付き4000円です。 週4~5回ほど更新します。 競馬番組・・・鉄の掟(有料版) http://racingrule.blog.fc2.com/ 興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。
リンク
カテゴリー
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
最近の記事
月別アーカイブ
Amazonでお買い物 こちらから
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
525位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
276位
アクセスランキングを見る>>