競馬番組表・鉄の掟(変化を読む競馬予想)
毎年変化を起こす競馬番組表を分析する事により勝ち馬がどのように選択されているかを見極める競馬予想。
競馬番組表・・・鉄の掟(有料版)

有料ブログ行っております。 現在は4週間に付き5000円です。 週4~5回ほど更新します。 競馬番組表・・・鉄の掟(有料版) http://racingrule.blog.fc2.com/ 興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。



リンク

メルマガ登録・解除
競馬番組表に浮かび上がるその1頭を狙い打て!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ



カテゴリー



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



FC2カウンター



ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



最近の記事



月別アーカイブ



Amazonでお買い物 こちらから



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
1216位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
548位
アクセスランキングを見る>>



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天皇賞春2014年結果
◎キズナ
○フェノーメノ

で勝負したがキズナのあの部分がやはり認めてはもらえず敗退。

フェノーメノにはゼンノロブロイ(天皇賞春2着 天皇賞秋1着 天皇賞秋2着)を期待したのだが連覇という形。

彼の連覇が読めなかった。

ウインバリアシオンには1着席はないと判断したのでフェノーメノとウインバリアシオンの組み合わせも買えなかった。

枠で言えばレーティング優先出走権+ステップレース1着の3頭のいる枠での1・2着。

軸が違う・・・

残念ながらまた1年やり直しです。


皐月賞2014年結果
桜花賞に続き皐月賞も馬単での的中!!

2着軸としてトゥザワールドを指名。

どう考えてもこの馬が2着・・・8枠が2着枠。

私としては1着馬の選択をする皐月賞になった。

19頭の登録で1頭回避し18頭の出走。

という事は未勝利を勝ってさえいればクラシック第一弾皐月賞に出走できる。

そして牝馬の出走。

そんな状況においてトライアルの優先出走権とはどんな意味を持つ?

優先出走権の無効化・・・というのが今年の皐月賞のテーマだったのだろう。

だとすればワンアンドオンリーやトゥザワールド・ロサギガンティアなどの優先出走権取得馬は2着を目指したレースになるだろうと考えた。

優先出走権を3っつそろえた8枠。

それぞれのトライアルにおいて1番人気馬は2着枠を構成していた。

トゥザワールドはぞろ目の1着馬であり2着馬と同枠でもあった。

そんな流れの中この皐月賞だけが本流を外れる事は無いはず。

1番人気を取得し2着に付いた彼は自身の役割を全うした。

間違っても1着には付かないという形で・・・

前日まで1番人気であったイスラボニータは2番人気で出走となり1着席に着いた。

トゥザワールドが1番人気にならなければ今までの流れを断ち切ってしまうからイスラボニータは1番人気にはなりたくなかったはず。

2番人気と1番人気の組み合わせで1900円も付くとは嬉しい限り。


【お知らせ】

有料ブログを行っています。

興味のある方は・・・ 

racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。

追ってご連絡差し上げます。


桜花賞2014年 結果
トウカイテイオーと同じ18番を与えられたハープスター。

ものすごいパフォーマンスで無事1着席に着いた。

着順が決まっているとはいえなかなか出来るものではない。

本気を出せば・・・相当、末が切れる馬である事は確か。

2着には阪神JFを勝ったというか勝たせてもらったレッドリヴェール。

セットでの稼動。

このあたりの解釈により評価を少し下げた事が悔やまれる。

阪神JF2着馬が勝つならば万馬券かぞろ目かと思ったのだが1番人気での決着。

1番人気を押さえでという形は褒められたものではない。

次は皐月賞。

桜花賞を基本に考えていく事になる。

トゥザワールドは勝てるのだろうか?それとも・・・
高松宮記念 毎日杯 結果
あることからコパノリチャードの枠に狙いを立て同枠になったGⅠ馬を狙った。

相手も5頭残した中でスノードラゴンはいたのだが・・・ダートで上がってきたと言う理由で切ってしまった。

なぜ的中まで持っていけなかったのか。

情けなくなる。

フィリーズレビューもそうだったがもう少し注意深く分析しておけば万馬券に手が届いた。

1着枠と2着枠が反転。

チャンピオンズカップが中京競馬場に移動になったからだと推測しているのだが・・・



毎日杯は軸 ○エイシンブルズアイ 相手本線◎マイネルフロスト、押えにステファノス、ラングレー。

マイネルフロスト→エイシンブルズアイ→ステファノス→ラングレー

 馬単 5490円 3連単 40230円

今年の3歳GⅢの流れから本線で読み通り。


これから桜花賞と皐月賞が待っている。



スプリングステークス 2014年結果
ロサギガンティアが(外)アジアエクスプレスを下し1着席へ。


【以下は有料記事】より・・・

2歳500万特別戦で2013年新しく出来たレースはオキザリスSとこうやまき賞。

こうやまき賞の覇者はヌーボレコルトでチューリップ賞の2着。

そして500万特別の距離変更線は秋明菊賞と万両賞。

秋明菊賞の勝ち馬はニホンピロアンバーでFR2着。

つまりいずれも桜花賞トライアルで連対している。

オキザリスS1着馬アジアエクスプレスと万両賞1着馬モーリスが組んだこの枠はトライアルとしては最高ではないか。

相手は3枠の反対の戦歴を狙いたい。

メイクデビュー1着から500万特別を勝っている3枠に対し未勝利勝ちで500万特別を2着の留め500万を勝ったロサギガンティアがいる2枠本線。



本線的中といいたいところだが1・2着が反対になってしまい反省。

記事そのままで買い目を示せば良かったのですが・・・


3月30日(高松宮記念)より4月20日(皐月賞)まで4週間の区切りで会員を募集します。

ご希望の方はメールでご連絡下さい。折り返しご連絡いたします。

  racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えて下さい。

フィリーズレビュー結果
フィリーズレビューはベルカントを軸。

そして相手馬として挙げたのが・・・

【該当馬は⑦⑧⑨⑩⑪⑫⑭の7頭】

しかしながら絞って14番エスメラルディーナを相手本線として他2頭。

馬連76030円を取り逃がしてしまった。

単純に7頭に流していれば良かったのだが。

裏の記事に書いたように今年の牝馬トライアルの3戦は同じことをしてくれた。

同じこととは・・・まだ続きがあるかもしれないので書けないが・・・

その部分は分析できていただけに残念であった。

ちなみに会員様で3連複を的中された方から報告がありました。

25万馬券ですので素晴らしいです!!おめでとうございました!


今週はスプリングステークスにアジアエクスプレスが出走。

どのような結果が待っているのか?


GⅠシーズンが近づき楽しみになってきました。

さらに分析を進め高配当でも本線で的中出来るように精進したいと思っています。

興味がある方はメールにてご連絡下さい。
弥生賞 結果
弥生賞ではトゥザワールドが1着でぞろ目の2着にはワンアンドオンリー。

ずばり本線で的中できました。

有料記事では以下のような内容を書きました。

>京都2歳S 2着アグネスドリーム
>ホープフルS 1着エアアンセム
>ラジオNIKKEI杯2歳S 1着ワンアンドオンリー 2着アズマシャトル
>若駒S  1着トゥザワールド
>京成杯  2着キングズオブザサン

>以上の5レースの連対馬のどちらかがすべて登録している。

2014年秋にはGⅡホープフルS(ラジオNIKKEI杯が昇格)し弥生賞の賞金を抜き去り2000M戦No.2へ。

その最後の弥生賞に上記の馬達がそろって出走してくるわけだから上記の馬同士の決着をまず1番に考えるべきだろう。

詳細は省くが、トゥザワールドを選択し戦歴が対照的なワンアンドオンリーへ。

1着 若駒ステークス1着
2着 ラジオNIKKEI杯2歳S1着
3着 京成杯3着(1着同枠)
4着 ホープフルステークス1着
5着 京成杯2着

この結果がオープンクラス2000M戦のまとめをしたことを示している。

勝ち馬トゥザワールドはクラシックでどのような成績を収めるのだろうか?



*このような記事に興味のある方はメールにてご連絡下さい。
中山記念 結果
中山記念はAJCC・京都記念と同じカテゴリーで施行された。

先行戦であるAJCCではヴェルデグリーンが勝ち京都記念ではデスペラードが1着。

この2戦を元に中山記念を考えた。

ヴェルデグリーンはGⅡオールカマーを昨年勝利。

2014年にはオールカマーは賞金が6000万から6200万に引き上げられるレースでもある。

つまり・・・

2013年 GⅡオールカマー6000万 = 2014年 GⅡAJCC6000万

今年限りの関係性を持たせヴェルデグリーンを中山2200Mで連覇させた。

京都記念は東京競馬場積雪の影響で共同通信杯が翌週に延期となりWIN5が施行されなかった。

2013年 GⅡステイヤーズS(非WIN5)=2014年 GⅡ京都記念(非WIN5)

今年限りの非WIN5戦である事を利用しデスペラードを勝たせた。

では京都記念が正常どおりWIN5を発売していたら?

心配には及ばない。

そこにはヒットザターゲットという京都大賞典1着(賞金6000万)というヴェルデグリーンと同じ馬が出走していたのだから。

そして中山記念を迎えた。

上記2レースから今年限りの関係性を求めてみろ・・・という囁き。

中山記念は今年3月2日施行により4歳馬のアローワンスはない。

それにより GⅡスプリングS56K =GⅡ中山記念56K(4歳基礎斤量)という今年限りの関係性を生み出していた。

◎ロゴタイプ

同枠に同じタイプのジャスタウエイが入ったため彼が1着席に着いたが・・・

2着馬については有料ブログに書いておきました。

枠連どまりではあったが自分的には満足のいくものではあった。


これからクラシックにつながるレースが始まります。

楽しみですね!!


有料ブログも行っております。

興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。
共同通信杯 結果
先日のフェブラリーステークスはコパノリッキーが1着で的中できず。

翌日の共同通信杯では以下のような読みをした・・・


【共同通信杯】

積雪の影響で翌月曜日に持ち越ししWIN5の発売も取りやめ。

イスラボニータの勝った東京スポーツ杯2歳Sは土曜日発売でありもともとWIN5発売予定なし。

今年のみWIN5非発売戦として同列になった。

先に行われた京都記念でもWIN5が非発売戦になり・・・

GⅡステイヤーズS1着馬→GⅡ京都記念1着 *WIN5非発売戦
GⅢ東京スポーツ杯1着→GⅢ共同通信杯1着 *WIN5非発売戦

2月16日(月曜日)東京新聞杯1着 蛯名
2月17日(火曜日)クイーンカップ1着 蛯名

2月24日(月曜日)共同通信杯??? 蛯名?

当初の馬柱から1頭が回避し4頭が新規登録で出走。

相手には旧勢力よりも新勢力を狙いたい。

ベルキャニオンはホープフルSで1番人気で2着。

◎イスラボニータ
○ベルキャニオン

消滅戦であるオープン(いちょうS1着馬)対 消滅戦を勝てなかった(ホープフルS2着馬)の対極の戦歴。

ズバリはまった。

積雪により連対馬を変更してきた事が判る事例。

ベルキャニオンは当初登録されていなかった。

変更戦ではそれなりの戦歴が使用されるのだと・・・


【お知らせ】

3月1日から3月23日までの4週間(3000円)有料ブログ会員を募集しています。

定員を超過した場合GⅠシーズンは現会員を優先させますのでよろしくお願いします。

ご希望の方はメールでご連絡下さい。

 http://racingrule.blog.fc2.com/

 メール racingrule●hotmail.co.jp (●を@に置き換えて下さい)


有馬記念 2013年 結果
オルフェーブルの引退レースとなる有馬記念。

3連単の的中に成功!!(6点ですが2点目)

2年連続の有馬記念的中となりました。

前日のラジオNIKKEI杯2歳Sも枠連で的中。

さて、有馬記念での推理を有料版から抜粋。


ここから・・・

もしも震災が起こらず予定通りの番組が行われていたらどうなっていただろうか?

私は2011年には3冠馬は出現せず2012年に牡馬の3冠馬が出たのだと推測する。

それを裏付けるかどうかは解らないがジェンティルドンナは古馬の牝馬グレード戦に1度も顔を出したことが無い。

2012年に正式に出現するはずであった牡馬3冠馬の代用であり仕方なく出現したオルフェーブルと2頭で同じ仕事をするパートナーだからだ。

天皇賞春2同枠(12年オルフェーブル)
天皇賞秋2着 (13年ジェンティルドンナ)

宝塚記念1着 (12年オルフェーブル)
宝塚記念1同枠(13年ジェンティルドンナ)

ジャパンカップ1着(12年ジェンティルドンナ 同枠オルフェ)
ジャパンカップ1着(13年ジェンティルドンナ)

有馬記念1着(11年オルフェーブル)
有馬記念1着???(13年オルフェーブル)

同じ役割をするオルフェドンナという馬だから同じレースに出走し同枠でぞろ目を発生させる。

出走したレース群では天皇賞には2014年から優先出走権付与対象競走が出来るのに対し宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念だけはそのようなレースは無い。

ちゃんと区分けをしながら1着枠2着枠に振り分けている。

であるならば有馬記念に出走するオルフェーブルの着順は?

◎オルフェーブル

・・・ここまで


来年からJRA60周年記念事業が施行され2歳戦にも大きな変革がなされます。

なんとかその変革についていけるように研究あるのみ。

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。