競馬番組表・鉄の掟(変化を読む競馬予想)
毎年変化を起こす競馬番組表を分析する事により勝ち馬がどのように選択されているかを見極める競馬予想。
競馬番組表・・・鉄の掟(有料版)

有料ブログ行っております。 現在は4週間に付き5000円です。 週4~5回ほど更新します。 競馬番組表・・・鉄の掟(有料版) http://racingrule.blog.fc2.com/ 興味のある方は racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。



リンク

メルマガ登録・解除
競馬番組表に浮かび上がるその1頭を狙い打て!
   
バックナンバー
powered by まぐまぐトップページへ



カテゴリー



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



FC2カウンター



ブロマガ

月刊ブロマガ価格:¥ 1000

紹介文:

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。



最近の記事



月別アーカイブ



Amazonでお買い物 こちらから



最近のコメント



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
1026位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
519位
アクセスランキングを見る>>



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

函館記念 2014年
今年の函館記念を考えるにあたって重要なのは2013年に札幌記念が函館で施行されたことでは無いだろうか?

函館でGⅡを施行したのは昨年初めてだと記憶しているが・・・

その昨年の札幌記念はといえばトウケイヘイローが函館記念から連覇を果たす。

初めての快挙であった。

しかしその快挙はぞろ目決着であった事も覚えておかなくてはならない。

GⅢ函館記念(ハンデ戦)=GⅡ札幌(函館施行)記念(定量戦) 

・・・という構図はさすがにまずいだろう。

だから札幌記念ではトウケイヘイローは2着馬が同枠である1着馬となったはず。

その辺を読みきることが今年のカギになるのだろう。
宝塚記念 2014年
古馬のGⅠレースに置けるステップレースに優先出走権を付与した2014年。

この宝塚記念にはそのようなレースは存在しない。

他にステップレースを持たないレースはジャパンカップと有馬記念がある。

*ステップレース1着(優先出走権)→古馬GⅠ出走

これが主催者が求めた形のはず。

ではステップレースを持たない宝塚記念には何が求められるのだろうか?

ゴールドシップは昨年、阪神大賞典1着→天皇賞春5着→宝塚記念1着を成し遂げ再び、阪神大賞典1着→天皇賞春7着(1同)→宝塚記念???というルートをたどってきた。

ここをどう考えるか?

昨年の阪神大賞典は優先出走権付ではなかったからそこを勝っても宝塚記念に影響を与えなかったのだとすれば・・・

勝ち馬は人気サイドのあの馬と全く人気の無いあの馬をピックアップしてみたが?


函館スプリントステークス2014年 
GⅢ賞金別定戦で施行される函館スプリントステークス。

その賞金は、基礎収得賞金が3000万で2000万毎に1キロ増というもの。

ご存知のようにレースを勝つと賞金がもらえるのだが収得賞金というのは・・・

新馬・未勝利 400万
500万クラス 500万
1000万クラスで600万
1600万クラスで900万
オープンクラス 1着賞金の半額
グレードレース 1着賞金の半額 2着賞金の半額

という事になっている.
*夏からオープンクラスは1200万 3歳戦は1000万 2歳戦は800万

函館スプリントステークスの別定条件はすでに今年東京新聞杯とエプソムカップが施行されている。

その2レースをサンプルとして考えてみると・・・


6月18日から7月28日まで宝塚記念を含む6週間の会員(4000円)を募集しております。

興味のある方は・・・

 racingrule●hotmail.co.jp  ●を@(アットマーク)に置き換えてメールでご連絡下さい。 
エプソムカップ 2014年
WIN5が最高6億円となり配当率も変更を受けた夏競馬・・・

すでに鳴尾記念と安田記念が終了し新しいステージの幕が上がった。

しかしながらまだ古い皮から脱皮し切れていないのがエプソムカップやマーメイドステークス。

そんな中で行われる両レースならばまだ春競馬を引きずった結果になるのではなかろうか?

とりあえず注目馬を挙げておく。

マーメイドステークス 
ディアデラマドレ シャトーブランシュ

エプソムカップ
ディサイファ

さてこれらの馬の扱いはどうなるのだろうか?
2014年 春競馬について
夏競馬に入りすでに鳴尾記念と安田記念が施行された。

しかしその中には4歳馬の姿が1頭も見られない。

なぜだろうか?

私が答えを持っているわけではないがいつも頭においておくことは重要だと思う。

4歳馬が勝ったGⅠはフェブラリーステークスと高松宮記念・・・ダートと短距離戦。

春競馬の重賞を・・・
ダービー2014年 No.2
ダービーも馬連の配当金がアップしている。

皐月賞もそうだったけれども・・・

今年の流れからするとダービーでも皐月賞や桜花賞と同じことをしてくるのではないだろうか?

イスラボニータかトゥザワールドか?

またはレッドレヴェールなのか?

この3頭には十分な注意が必要だと思う。

ウインフルブルームが取消となり朝日杯FS出走馬が消滅。

それによって2歳戦頂点は阪神JF。

この辺りをどう読むか?

来年は阪神で施行される朝日杯FS出走馬が出走する可能性は高い。

さて、いよいよですね。
ダービー2014年
いよいよ3歳馬の総決算である日本ダービーが6月1日に施行される。

単勝1.3倍の断然の1番人気ハープスターであっても1着席に着けない競馬番組表のルールがそこにはある。

1着にはなれないが3着以下も無い・・・

ダービーの攻略は2歳から3歳へと行われてきたGⅠ戦を分析すればその糸口が見えてくるはず。

その部分にいち早く気づけた者のみが終盤のGⅠオークスやダービーにおいて大きな戦果を手にすることが出来る。

今年のテーマは・・・・・

日本ダービーの枠順発表は5月29日。

あの馬達が誰と組むのか?

早く教えてもらいたいものだ。

枠順が出てからまた悩むだろうが、その時間が楽しい時間でもある。


オークス2014年 No.2
まさに1強状態ですね。

ハープスター以外の単勝オッズは現在10倍以上です。

秋季から2歳戦に大変革が行われるとすれば最後となる阪神JFからそれを繋ぐ馬が出現しても不思議ではない。

しかしこんな状態だと逆に疑ってかかってしまう悪い癖が(笑)

桜花賞2着馬が出走回避。

レッドリヴェールと再びのワンツーは出来ない。

取消も除外もまだ発表されていない。

ぞろ目ならばハープスターは勝つだろうけれど・・・どうだろうか・・・

とりあえず馬券は2着付けの馬単で購入するつもり。

ハープスターが桜花賞のようにごぼう抜きで1着・・・というのも見てみたいがそれだと今までの自分の否定になってしまうからなぁ。

全馬が無事にゴールできる事を祈っています。






オークス2014年
2013年にダービー80周年記念を施行しキズナを生み出した翌年。

今年はJRA60周年記念レースとして皐月賞と菊花賞に副題が付いて施行される。

別にそんなことには興味が無いといえばそれまでだが・・・

なぜ50周年記念の時には菊花賞だけJRA50周年記念の副題が付いたのだろうか?

今年と違うのはなぜなのか?

だからアジアエクスプレスを皐月賞に出走させたでしょ・・・

そしてオークスにも・・・

枠順の発表を待ちたいと思います。
ヴィクトリアマイル2014年
どうも前年のながれから気になっていることがあり有料記事を追加しました。

時間が無い状態での更新で申し訳ありませんが記事を読める方はご覧下さい。

アユサンの回避がどのような決着性を表現するのか?

初めてですから何か今までと違った結果を表現すると思うのですが・・・

どうなるでしょうか?




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。